« 次に読む本...ショーケン・姉が乗り込みます | Main | ようやく政策が動いて来た... »

March 19, 2008

財務省関係者を日銀総裁に就けるべきではない

元産業再生機構専務の富山さんが市場を知らぬ者による「政策不況」とおっしゃっている、道路特定財源を維持し、既得権益を温存しようとする自民党。暫定税率を廃止すれば人気取りができると思っている民主党と書かれており、まったくその通りだと思う、ただ一般財源化については異論がある、それはこの税金をクルマを運転する人から取っているからだ、ボクは税率が上がることになっても高速道路をタダにすべきと思う。

そして日銀総裁人事問題について、本人の能力でもって判断されるべきだ。財務事務次官経験者かどうかなどという議論は論理的でないと書かれているが、それなら財務省関係者が何故日銀総裁ポストに固執するのだろうか?ボクはあれほどの執着をみせなければ、別に財務省出身者でもヨイと思っていたが、あの様(ザマ)を見て考えが変わった、今後10年は財務省関係者を日銀総裁ポストに就けるべきではない。

★TB先:福田総理のセンス疑う 日銀新総裁案 道路特定財源

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 次に読む本...ショーケン・姉が乗り込みます | Main | ようやく政策が動いて来た... »

Comments

混迷が続く福田政権と与党はどうなっているのか。福田康夫のセンスを疑う。日銀の後任人事と道路特定財源の問題。国民不在の政治はますます増すばかりだ。前代未聞の異常事態である。 福田政権は三度目の日銀総裁候補に田波耕治・国際協力銀行総裁を出した。天下り先の確保を狙う財務省への配慮が余りにも露骨に思える。福田政権の判断力は衰えている。民主党は今回も拒否することを決めた。日銀総裁問題の混迷は、財務省事務次官が重要ポストに天下りする慣行を見直す絶好の機会でもある。総裁は空席になったが、世界の金融市場は大きく動いている。首相は頭を冷やして原点から考え直すべきだ。

Posted by: katchan | March 21, 2008 12:21 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 財務省関係者を日銀総裁に就けるべきではない:

« 次に読む本...ショーケン・姉が乗り込みます | Main | ようやく政策が動いて来た... »