« 亡国のイージス | Main | イカの哲学の読み方 »

February 25, 2008

外資系年棒1000万円は高給取りか?

外資系年棒1000万円は高給取りか?と書きました、実態はそうじゃないですよと言う結論に持ってこうと書いてますw、大昔...まだバブルが弾ける前のことだったと思いますが、外資系で当時800万円くらい貰っていた先輩が、日本の大手企業に転職しました、少々記憶がアヤフヤですがそこでの給与は確か550万円くらい、これに残業代が付いて650万円になるのかな、で質問は彼の生活レベルが上がったのか下がったのかです。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

答えは何と上がったのです、まず何と言っても住宅代が安い、家賃18万円くらいの部屋が自己負担半額以下で借りれたそうです、ちなみに外資系は当然ながら全部自分持ちw、今では大手企業も相当締めていますからもう出来ないと思いますが、交際費の中に自分の友人との飲み代を数万円くらい混ぜてもOKだったとか...アレヤコレヤで月10万円以上の役得がありました。

これを外資系勤めが捻出しようと思えば、所得税とか健保・厚生年金などの負担が超重く、15~18万円は最低かかるハズです、でも彼に言わせるともっと恵まれた方たちがいるらしい、それは高級お厄人の方々です、官舎と称して赤坂の一等地の家賃30万円以上のマンションが、ほんの数万円で借りれるわけです、彼らは自分たちが薄給だと嘆きますが、こういう隠れ給与の存在を忘れてはいけません。

|

« 亡国のイージス | Main | イカの哲学の読み方 »

Comments

> 家賃18万円くらいの部屋が自己負担半額以下で借りれたそうです

これは税金がかかるの? (役人のと違って家賃補助だから給与とみなされかかるのかもね) 交際費は無税でしょうけれど。

> 官舎と称して赤坂の一等地の家賃30万円以上のマンションが、ほんの数万円で借りれるわけです

この隠れ給与には、一切税金がかからないわけですよね。

あと以前には、セールスパーソンで固定給+歩合(賞与なし)の場合、歩合は給与ですから厚生年金がかかりますが、賞与には厚生年金がかかりませんでした。(現在は賞与にも厚生年金がかかるはず) だから、同じ年収でも手取りに大きく差がでたわけです。

それと、厚生年金には掛け金の算定月があって(たしかとある3ヶ月間かな)、そこの算定期間だけ営業成績が飛び抜けてよく、たくさんの歩合をもらっていたりすると、実際には年収700万円なのに年収1,000万円分の厚生年金をとられた年もあったそうです。(友人談)

Posted by: ADELANTE | February 26, 2008 12:04 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外資系年棒1000万円は高給取りか?:

» [ゴーログ] 外資系企業の高給には理由がある [週刊!木村剛 powered by ココログ]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。「時事を考える」さんが、「外資系年棒1000万 [Read More]

Tracked on March 07, 2008 08:46 AM

« 亡国のイージス | Main | イカの哲学の読み方 »