« 日本語映像を観たい@福田首相のダボス会議講演 | Main | いい加減に欧米崇拝はやめよう@阪急メンズ館 »

February 02, 2008

世界はグローバル社会に未来を見出せるのか?

今日は緒方貞子さん出席のパネルディスカッション「The Future of Global Governance」を観ました、言語明瞭意味明瞭だったのは緒方貞子さんと南アフリカの人だけでした、彼女はグローバル社会になって相手にするのが政府だけではなくなったと言っていました、ここでも国境が消えているのです、そして世界銀行の頭取?になったロバート・ゼーリックさんの、言語明瞭意味不明瞭な発言がこの問題の難しさを逆に浮き彫りにしている感じがしました、 WTO の人とメキシコの人は言語すら不明瞭でした、最後にガザ問題のギャップについての質問に、緒方さんが怒りを含んだ言葉で答えていたように思えたのがとても印象的でした。

緒方貞子さん出席のパネルディスカッション(72:53)

Sadako_ogata

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 日本語映像を観たい@福田首相のダボス会議講演 | Main | いい加減に欧米崇拝はやめよう@阪急メンズ館 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世界はグローバル社会に未来を見出せるのか?:

» 世界の収奪のカラクリ:世銀は途上国を救うためではなく搾取システムを構築するために存在する [にほん民族解放戦線^o^]
昨日(2007年11月24日)の日経新聞に、またしてもムカつくニュースが載っていた。 http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071124AT3S2202223112007.html 国際機関の増資、日本に重荷  世界銀行など国際機関の増資交渉が本格化する中、政府が対応に苦慮している。欧米先進国が出資拡大で足並みをそろえる一方で、財政にゆとりがない日本は拡大に応じにくく、国際機関での出資シェアを大きく落としかねない状況。日本は来夏の主要国首脳会議(洞爺湖サミット... [Read More]

Tracked on February 04, 2008 11:26 PM

« 日本語映像を観たい@福田首相のダボス会議講演 | Main | いい加減に欧米崇拝はやめよう@阪急メンズ館 »