« 東京でも不動産崩壊が始まっている...Ⅱ | Main | 荻窪駅北口ロータリーと裏手の情景 »

February 23, 2008

宇宙船地球号@ダボス会議

昨夜ダボスの「フラット化する世界・The World Is Frat」の著者、トーマス・フリードマンさんが司会を務め、ゴア元米副大統領と U2 のボノさんが登壇した、「A Unified Earth Theory・統一された地球理論」というセッションを観ました、主題は地球温暖化問題の Update ... つまり現状報告と Extreme Poverty・極貧問題についての、 Combining Solutions・統合的解決方法についてです、地球温暖化が極貧に大きな影響を及ぼしているようです。

Davos Annual Meeting 2008 - A Unified Earth Theory(63:55)It's too late - Carole King(05:22)

Davos_climate

人気ランキングはどうなっているんだろう?

印象に残ったのはゴアさんの発言から連想される宇宙船地球号という言葉です、戦争とか紛争は一部の地域に限定されることもあるが、地球環境の変化は全世界に波及するという事実です、卑近な例で申せば高度成長期には日本が近隣の国々に環境汚染をばら撒いていましたが、今は中国の深刻な環境汚染が我が国と韓国に大きな影響を及ぼしています。

最近地球温暖化はウソだと言う人がいます、事実かもしれません、でももし地球温暖化の方が事実なら、今対策を打っておかねば手遅れ...イヤ既に手遅れになっているという惨状です、相手が人間ではないので人の一生を壊す冤罪にはなりません、事実が判明するまで疑わしきは罰すでヨイと思います。

さてセッションについて言えば、ゴアさんの発声はクリアに入って来るのですが、ボノさんの声は聞き取り辛かった、そのことで地球温暖化と極貧問題の関係が、ボクの中で今いちクリアにはなりませんでした、こういう場では発声の訓練が大切だと感じました、オバマさんの演説を聴くとわかりますが、内容はなく^^ても政治家とかニュースキャスターの発言は概ねクリアです、日本の政治家という例外を除けばw...

A Unified Earth Theory: 2007.01.24

Combining Solutions to Extreme Poverty and the Climate Crisis
Traditionally viewed as separate issues, the discussion will explore the interrelations between the climate crisis and extreme poverty and solutions common to both.
How should international efforts to eliminate extreme poverty and to solve the climate crisis be coordinated to improve the chances for success in both efforts?

Bono, Musician, DATA (DEBT, AIDS, TRADE, AFRICA), United Kingdom
Al Gore, Vice-President of the United States of America (1993-2001); Nobel Laureate 2007
Chaired by Thomas L. Friedman, Columnist, Foreign Affairs, The New York Times, USA

|

« 東京でも不動産崩壊が始まっている...Ⅱ | Main | 荻窪駅北口ロータリーと裏手の情景 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宇宙船地球号@ダボス会議:

« 東京でも不動産崩壊が始まっている...Ⅱ | Main | 荻窪駅北口ロータリーと裏手の情景 »