« 新宿歌舞伎町改造計画とサブナード | Main | 久方ぶりに伊勢丹新宿本店に行って来た »

January 05, 2008

楽園の子供たち~Les enfants du paradis

Les_enfants_du_paradis 楽園の子供たちとは Les enfants du paradis の直訳だ、うんどこかで聞いたこあるという人もいるだろう、まだ太平洋戦線では日本が最後の抵抗を試みている1945年に、戦火の中ではレジスタンス運動を繰り広げ、既にナチスドイツをベルリンに討ち果たした、連合軍のフランスがつくった映画だ、日本題名を天井桟敷の人々という。

楽園の子供たち Les enfants du paradis 天井桟敷の人々
アズナブール Les enfants de la guerre 戦火の子供たち
ダニエル・バラボワーヌ Sauver l'amour 愛を救え
ジャン・コクトー Les enfants terribles 恐るべき子供たち

映画の中身はこちらに近いが、楽園の子供たちという原題名はとても意味深だ、というのもこの映画に出て来る人たちはいい年を喰った大人たちだし、この紹介文には悲劇と書いてあるが、映画の1シーンを切り取った YOTUBE の字幕のない映像から、ヨーロッパの戦争が終わった安堵感が何とな~く伝わって来る。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

それに比べてシャルル・アズナブールの唄は相当に深刻だ、そして戦後よりも今の方が世界情勢は厳しいように思える、最近聴くだけでは意味が理解出来なくなっているが...まあフランス語で enfants というと日本語でもそうだが、女とみれば声をかける^^無垢な者たちと言った別の意味があるの鴨葱...

さてフランス語、スペイン語そしてイタリア語はラテン語直系の言語で、これらのいずれかに習熟していれば他の二つを覚えるのは楽らしい、友人によるとこのことは日本語とハングル(韓国語)にも当てはまるのだそうだ、ウソだろと訊いたら難しいのはハングル文字だけだよ、草彅でも覚えられるんだぜと言っていた。

今日本人でハングルを話せる人は少ないが、逆に韓国の人で日本語を話せる人は結構いるときく、現時点での国力が日本>韓国だからだ、将来逆にならないように努力するとともに、旅行会話なら3ヶ月程度で覚えられるらしいから、ソウルなどに行く機会があるならNHKのラジオ講座にかじり付けということのようだ。

|

« 新宿歌舞伎町改造計画とサブナード | Main | 久方ぶりに伊勢丹新宿本店に行って来た »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 楽園の子供たち~Les enfants du paradis:

» 2007外国映画ベスト5 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
続いて外国映画編。 [Read More]

Tracked on January 05, 2008 06:24 PM

« 新宿歌舞伎町改造計画とサブナード | Main | 久方ぶりに伊勢丹新宿本店に行って来た »