« 今夜は流行の中食@東京駅グランスタ今半牛肉弁当 | Main | 自炊が一番も居酒屋直行よりマシ@西京焼三色弁当 »

January 25, 2008

雇う側は時給1500~1600円を覚悟せよ?

テレ東 WBS で時給1050円でもアルバイトが集まらないと言っていました、でもこれで年収がいくらになるかと言えば、月22日1日8時間で1ヶ月176時間労働ということを考えると、だいたい月に働けるのは200時間くらいと想定され、これだと月収20万5千円ですから年収で247万円にしかなりません。

★TB先:誤った経営方針を是正するのは
※追記:先日のコナカに続いて今日のマクドナルドの判決でも経営者敗訴です、余りに労働者寄りの判決が出るのは危険ですが、ボクはこのふたつの判決を支持します、激烈な価格競争のツケが誰に回っているのかを我々消費者も気付くべきです、安物買いの銭失いと言います、過酷な介護の現場では介護士たちが疲弊しています、開発途上国とのフェアトレーディング...安値で買い叩くのではなく、適切なカネなら払おうではありませんか、そのことでお金を天下に回しましょう!

人気ランキングはどうなっているんだろう?

これでは結婚して子供を育てるのは無理です、今までが安過ぎたということで、雇う側は時給1500~1600円を覚悟せよと書こうかと一瞬思いました、でもこれでは経営者が大変です、テレビをみていたらバイト君に払うカネよりも、雇うための広告費などのコストの方が高いのです。

テレビで100万円使って20人集めたと言っていましたが、これで半分の10人が3ヶ月で辞めるとすると、常時20人体制を維持するためには、3ヶ月毎に50万円必要になります、これで年間200万円です、20人全員が1年間勤めれば単純計算で、一人当り10万円のボーナスを払えます。

てか人というものは半年も働くとかなり仕事をこなせるようになります、時給を高くせずに長期に働く人に褒賞金を払う、バイト君が遊んでいる時間を少なくするなどの工夫をする、今まで5人で回していた仕事を4人でこなせれば、経営側は単純計算で1.25倍の時給を払えます。

もちろん働く側がその価値を出すということが前提になります、きちんと計算をしておらず、且つちょっと話しがバラ色過ぎかもしれませんが、当初の時給の1.2~1.3倍プラス長期勤務褒賞金を入れて、結婚できるギリギリと言われる年収にして400万円程度払っても、経営側はペイするかもしれません。

いずれにしても、食べる側の我々も昔の牛丼290円というのは望むべくもなく、今の価格から飲食店などのサービス産業の価格が、1割程度アップするのは覚悟する必要があると思います、食材の価格も高騰していますので、食べる側と経営者はダブルパンチで大変ですけどネ。

|

« 今夜は流行の中食@東京駅グランスタ今半牛肉弁当 | Main | 自炊が一番も居酒屋直行よりマシ@西京焼三色弁当 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雇う側は時給1500~1600円を覚悟せよ?:

« 今夜は流行の中食@東京駅グランスタ今半牛肉弁当 | Main | 自炊が一番も居酒屋直行よりマシ@西京焼三色弁当 »