« 昼下がりの冬の東京国際フォーラム | Main | 富裕層のカネを貧困層に回せ@介護&医療ビジネス »

December 28, 2007

パキスタンへ命懸けの帰国@ブット元首相暗殺

Benazir_bhutto うなだれ血まみれの支持者、遺体散乱・ブット氏暗殺現場とのこと、パキスタンのブット元首相が暗殺されました、写真は YOUTUBE から下記のアルジャジーラ映像のスナップショットです、群集ににこやかに手を振っています、凶弾に斃れるほんの数分前のものと思われます、国を愛する者が8年間も国を離れ、帰って来て間もないのにこの有様とは...

Benazir Bhutto killed at election rally - 27 Dec 07(01:09)
The life and times of Benazir Bhutto - 27 Dec 07(03:15)

隣りのインドのラジブ・ガンジー首相が頭を吹っ飛ばされたのは、何年前だったのだろうか、そう言えば彼のお母さんのインディラ・ガンジー首相も暗殺されたような記憶があります、そしてフィリピンでは当時のマルコス大統領の政敵とされる、ベニグノ・アキノさんが帰国直後の空港で暗殺されています、狙われているのがわかっていても敢えて帰国するのだろうか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ベニグノ・アキノさんの場合はマルコス派の仕業らしい、でもブットさんの場合は帰国に当たってアメリカの支援もあり、ムシャラフ現大統領も歓迎していたという話しをきく、となると反米・反大統領派の犯行であることが色濃い、なら彼女を守れなかったアメリカと現大統領の力が、アフガニスタンに続きここパキスタンでも弱まっているということになります、どうなんでしょう?

Benazir Bhutto killed at election rally - 27 Dec 07(01:09)
Shock and disbelief in Pakistan.
Former Pakistani Prime Minster Benazir Bhutto was shot in the neck as she was getting into her car after addressing a rally of PPP supporters in the garrison town of Rawalpindi.
She had been campaigning ahead of the elections due in January.

The life and times of Benazir Bhutto - 27 Dec 07(03:15)
She's been an iconic figure in Pakistan's politics for decades - and had been carrying on a family legacy that has had lasting a impact on modern day Pakistan.
Nick Clark takes a look at the life of the charismatic leader, who's death has shocked a nation.

|

« 昼下がりの冬の東京国際フォーラム | Main | 富裕層のカネを貧困層に回せ@介護&医療ビジネス »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パキスタンへ命懸けの帰国@ブット元首相暗殺:

» ブット元パキスタン首相暗殺 [Star Prince JUGEM]
新聞TVでも大きくとりあげていますがブット元パキスタン首相暗殺でパキスタンとその周辺諸国政情不安が高まりそうです 米国経済指標が悪くブット元パキスタン首相暗殺の報に米国株安ドル安債券高 満月の頃やはり何かが起こる 今年来年とテロや政治が重要な要因となり続けると思われます。以下 毎日新聞記事からパキスタンの首都イスラマバード近郊のラワルピンディで27日、パキスタン有力野党「パキスタン人民党」総裁のベナジル・ブット元首相(54)が暗殺された。来年1月8日の総選挙に向けた同党の集会会場から立ち去ろうとし... [Read More]

Tracked on December 28, 2007 07:52 PM

» パキスタン:ブット元首相、暗殺 [酒井徹の日々改善]
――独裁批判演説の矢先に―― ■20名死亡、負傷者多数の自爆テロを糾弾する! 軍政の続くパキスタンで、 民主化を掲げる「パキスタン人民党」総裁のベナジル=ブット元首相が 27日、暗殺された。 来年1月の総選挙に向け、 「この国は独裁者により踏みにじられてきた」との ムシャラフ現政権への痛烈な批判演説を繰り広げた その15分後、 銃撃と自爆テロとが ブット元首相とその支持者らを襲ったのである(中日新聞12月28日)。 死者は約20名に及び、 多数の負傷者が出ているという(朝... [Read More]

Tracked on December 29, 2007 01:32 PM

« 昼下がりの冬の東京国際フォーラム | Main | 富裕層のカネを貧困層に回せ@介護&医療ビジネス »