« 本田美奈子日米国歌斉唱@2004年3月 | Main | 硫黄島からの手紙の価値 »

December 30, 2007

私は何があっても飢えない by ヴィヴィアン・リー

Gone_with_the_wind_0712 これで3000という記念のエントリーになるのですが、前記事でカサブランカのことを書いたので、ボクが最初に観た映画のことを話そうと思います、たぶん子供の頃に怪獣映画を観ているハズなので、本当のことを言えば最初ではないのですが、それは渋谷のパンテオンで観た第二次世界大戦前の1939年製作の、南北戦争を扱った風と共に去りぬか、有楽町の丸の内ピカデリーで観た1961年製作のウエストサイド物語だと思います。

風と共に去りぬ~オープニング・タラのテーマ(03:27)
風と共に去りぬ~私は何があっても飢えない(01:47)
As God is my witness I will never be hungry again !
風と共に去りぬ~エンディング・明日はまた別の日...(08:55)
ウエストサイド物語~マリア(02:45)トゥナイト(06:55)

どちらも映画好きだったお袋に連れられて観ました、もちろん両方ともリアルではなく何回目かのリバイバル上映です、どちらもボクが大きくなったらみせようと思っていたようです、風と共に去りぬは戦後直ぐにはロードショウにかからず、1950年代に入ってようやく上映され、ウエストサイド物語の方は初回ロードショウ時に511日間という長期のロングランをしたとか...この2本...特に風と共に去りぬは今の時代こそ、高校生までに観ておいた方がいいと思います、カラマーゾフの兄弟を今さら読んでも無駄なように...硫黄島からの手紙もよい映画ですが観るとむなしくなります。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 本田美奈子日米国歌斉唱@2004年3月 | Main | 硫黄島からの手紙の価値 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 私は何があっても飢えない by ヴィヴィアン・リー:

« 本田美奈子日米国歌斉唱@2004年3月 | Main | 硫黄島からの手紙の価値 »