« 韓国と交流戦をやったら?@オレ竜韓国に完敗 | Main | 晩秋の新宿街頭風景:メガネっコとハッスル・マニア »

November 10, 2007

広大な田舎電気店の大井町ヤマダ電機LABI

Ooimachi_0711_02 今日は小雨降る中、大井町の丸井跡に出来たヤマダ電機のLABI東京2号店に行って来ました、一言で言うと広大な田舎電気店です、通路を思い切り広くとって商品をドカンドカンと置いてあるだけです、でもコレって悪い意味じゃありません、現時点で首都圏に住む人が、秋葉原のヨドバシカメラとか、有楽町・新宿のビッグカメラに行くのを止めて、大井町・池袋のヤマダ電機のLABIで買い物をするのかと言えばNOでしょう、でも田舎の荒削りな若者が上京して来たという感じで好印象を受けました、これから都会でのヤマダ電機らしさ出るような気がする店です。

《広大な田舎電気店の大井町ヤマダ電機LABI》
JRと東急の大井町駅周辺の地図(1/3000)
明るく賑やかな2階デッキその1(00:42)その2(00:37)
暗く寂しい1階と西友(00:37)夕暮れの路地裏(02:05)
丸井が閉店?(00:19)西口風景(00:23)橋を渡る(00:44)

人気ランキングはどうなっているんだろう?

JR大井町駅のメインゲートを出て左、東口2階のペデストリアンデッキから直結している、正面のデジタル館2階から入り、6階まで上がりながら各階をブラブラ歩き、連絡橋で駅右手の生活館に渡り1階まで順次降りて各階を歩く、その後デッキを通ってデジタル館に戻り1階に降りて西友に行く、そんな感じです。

全体を振り返るとやっぱりデジタル館3階の薄型テレビが、105型とか置いてあって迫力がありました、プラズマより液晶の方がコントラストがハッキリしていて綺麗かな、動きはプラズマの方がいいとのことですが、そのあたりは良くわかりませんでした、と言うのも液晶とプラズマの50型クラスを並べて展示しているのですが、違う番組を映しているので比べられないのです。

まずデジタル館からですが、会社は風前の灯のサンヨーのデジタルムービーカメラ・ザクティが37800円、防水タイプは4万円、2GBメモリーが3700円とちょっと前の256MBの値段です、容量が倍の4GBメモリーは1万円弱とのこと、あと必要なのはケースだけだから、5万円あれば大丈夫です。

次にUSB接続のHDDは少し前までボクが持っている250MBが主流でしたが、今の値頃は400MBのモノで15800円です、100MBアップの500MBが24800円、約倍の350MBアップの750MBのモノになると49800円もします、ちょっと昔は確か400MBがこのくらいの価格でした。

そしてパソコン売場に置いてあったブルーレイと、HDDVD両用のチューナーなしの録画再生機が5万円を切っていました、う~ンこれじゃ消費者物価指数がマイナスになるワケです、その他はパソコン用のUSBワンセグチューナーが6980円です。

携帯通信に特化したイーモバイルがパワポのプレゼンとメール、エクセルそしてワードが出来るシャープのPDAを36000円で出していました、パソコンに付けるタイプの通信装置は5000円だったカナ、これに通信料が月額6000円弱の定額制、PHSの10倍速くて通信料は変わらないと強調していました。

生活館6階に本屋があるのですが、広さの割には品揃えがイマイチでした、その4階には洋食器の売場があって、東京駅大丸と同じくロイヤルコペンハーゲン、ウェッジウッド、リチャード・ジノリを置いてあります、でも売場が殺風景なのと中身がこれまたイマイチでした、さすがに新作は置かしてもらえないようです。

生活館は3階から下がようやく家電量販店らしく、白物家電が置かれています、冷蔵庫が一番高いと思っていたら、10万円以上する全自動洗濯乾燥機とか、5万円以上するダイソンの掃除機などが展示されていました、特に電気炊飯器は各社が炭、土鍋など釜に凝っており、銅製で熱伝導が抜群にヨイとされるモノなどもありました。

エアコンは室内機のパネルがカラフルな色に替えられるモノがありました、メーカーはサンヨーで現場は頑張っているようです、ただ最近の売りはフィルターの自動お掃除ロボットとのこと、確かにこの機能はナマグサ者には必須で、顧客から特に重要視されているようです、ということで高級化多様化が凄まじいデス!

生活館の1階売場に仲間由紀恵さんの宣伝の、ナノケアという松下の美肌ケア製品が、女性を数人出して店内で大々的にプレゼンをしていました、う~ンヤマダ電機でヤルより、東京駅に出来た大丸2階の化粧品売場など、もっと女性それも富裕層が集まる場所で実施した方が効果が高いんじゃないのかな。

さて結論ですが、この2館マスコミが巨大店舗と書いているように結構大きいんですよね、なのでヤマダ電機は2館とも使う必要があったのかな、丸井は何で2館とも何で譲ったのかな?そういうふうに感じました、ペデストリアンデッキには結構人がいるのに、中が巨大なせいかあまり人がいない、そしてヤマダ電機生活館4~6階は今の感じではツケタシ^^みたいなモノです。

8月に行ったときに時間がなくて丸井をみれませんでした、なので丸井のときに店が間延びしていたのかどうかボクにはわかりません、しかし大井町に丸井は18年もいたらしいですが、魅力がなかったのカナ、この点はヨウわかりません。

左はJR大井町駅中央改札を出る前のコンコース床の広告、無茶苦茶ダサイけどパワーを感じます、中は西口を出て中央のデジタル館の全景、右は出て右手の生活館の全景です。

Ooimachi_0711_01 Ooimachi_0711_02 Ooimachi_0711_03

左は6階のデジタル館と生活館の連絡橋の上から撮った大井町駅、中は生活館1階出口付近から撮ったデジタル館と1階に入っている西友の様子、右は生活館2階にあるバーガーキングです、ヤマダ電機館内は小雨と売場が広大なせいか、大して混んでいませんでしたが、ココだけは行列が出来ていました、近々隣りにドトールのエクセルシオールカフェが出来るようです、ペデストリアンデッキに開かれたオープンカフェになるのでしょうか?

Ooimachi_0711_04 Ooimachi_0711_05 Ooimachi_0711_06

左はデジタル館1階に丸井の時代から入っている西友です、しかし2階のペデストリアンデッキにも、デジタル館の中にも1階に西友が入っているとワカルものはありません、どうしたんでしょう、中はヤマダ電機LABIの遠景、右は夕暮れ時の路地裏です。

Ooimachi_0711_07 Ooimachi_0711_08 Ooimachi_0711_09

|

« 韓国と交流戦をやったら?@オレ竜韓国に完敗 | Main | 晩秋の新宿街頭風景:メガネっコとハッスル・マニア »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 広大な田舎電気店の大井町ヤマダ電機LABI:

« 韓国と交流戦をやったら?@オレ竜韓国に完敗 | Main | 晩秋の新宿街頭風景:メガネっコとハッスル・マニア »