« 吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば玉三郎 | Main | 豪州長期政権大干ばつに大敗 »

November 24, 2007

京都嵐山の紅葉の替わりは駒込六義園 <(__)>

Rikugien_0711_06 3連休は京都の嵐山に紅葉を観に行こうかなと思ったのですが、さすがにこの時期はホテルが空いていません、新幹線もヤバイ鴨葱...まあ数ヶ月前から計画していれば取れるのでしょうが、あっしの場合は決めるのがだいたい直前...日帰りなら前日の夜か当日の朝、泊まりの場合でも出張^^でない限り数日前くらいです、ということで今朝ネットで今日の紅葉の見頃を調べ、駒込の六義園に行って参りました <(__)>、映像のように普段の何十倍の人で混み合っていましたが、本当の見頃は来週でしょうネw。

《本当の紅葉の見頃は来週?の駒込六義園》
紅葉の森(00:32)庭園へ(06:03)色付く庭園1(00:23)
吹上茶屋(01:01)色付く庭園2(00:43)その3(00:54)
深紅に染まる木(00:53)森から丘へ上がる(05:16)

人気ランキングはどうなっているんだろう?

左は春の桜と秋の紅葉の時期だけ開いている、染井門という裏門です、ソメイヨシノと関係があるのかもしれません、中と右は染井門から入って右手にある紅葉の見所です。

Rikugien_0711_01 Rikugien_0711_02 Rikugien_0711_03

左は庭園に出たトコにある深紅に染まった木、下の写真もそうですが、ちょっと色彩調整し過ぎかもしれません <(__)>、中と右は中の島の紅葉の様子です。

Rikugien_0711_04 Rikugien_0711_05 Rikugien_0711_06

左は吹上茶屋からみた中の島の紅葉、ここから6枚は池の周りをグルっと回って撮った映像です、庭園全体にまだ緑が多く、今日ホームで直接対決に負けてしまった浦和レッズのように、赤く燃え上がる^^という感じではありません。

Rikugien_0711_07 Rikugien_0711_08 Rikugien_0711_09

Rikugien_0711_10 Rikugien_0711_11 Rikugien_0711_12

中は先程撮った深紅に染まった木を後で別角度から撮ったモノ、右は駒込の駅とは反対側にある六義園の正門です、いつもはココからしか入れません、正門は地図でみると都営三田線の千石駅と、南北線の本駒込駅から行っても、JRと南北線の駒込駅からとそう変わりません。

Rikugien_0711_13 Rikugien_0711_14 Rikugien_0711_15

左は正門から染井門へと続く馬場跡です、庭園内の通路は基本横三列で、今日のように混み合うと狭く感じますが、ここだけは広々としています、中は丘の上から撮った庭園の様子、右は吹上茶屋付近から撮った中の島の紅葉で、既に陽が落ちて暗くなりだしており、ライトアップが始まっています。

Rikugien_0711_16 Rikugien_0711_17 Rikugien_0711_18

ここからの6枚は夕暮れどきの六義園です、左の石の橋の名前は渡月橋です、それで今日の記事名に京都嵐山が入っています、狭くて手摺もなく危険なので、この後直ぐこのエリアには入れなくなりました、ハイ5時を過ぎると入れる範囲が狭まります。

Rikugien_0711_19 Rikugien_0711_20 Rikugien_0711_21

右は帰りに撮ったすっかり暗くなった染井門です、一番上の入園時の写真とだいぶ様子が違います、今日は写真のようにライトアップしているので、お客さんがまだ入って来ていますが、基本紅葉は昼間に観るものだと思いました、最も混み合うのでしょうが、ボクのように昼下がりに行って、ライトアップを見届けて帰るのが正解でしょう。

Rikugien_0711_22 Rikugien_0711_23 Rikugien_0711_24

《追記》
> 行こうかな…←赤くならずに落葉してたりシテ...

|

« 吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば玉三郎 | Main | 豪州長期政権大干ばつに大敗 »

Comments

お、見ごろは来週ですか。
行こうかな…

山下公園の前の道路は人形の家から見るともう良い感じですよ

Posted by: 滑稽本 | November 25, 2007 08:39 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京都嵐山の紅葉の替わりは駒込六義園 <(__)>:

» 京都嵐山紅葉と景観規制と警官規制 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
京都嵐山はラッシュで天龍寺前などは道路に警官が延々と並び交通規制をしていた。まるで中国の胡錦濤主席が周恩来の詩碑を訪問すればかくやと思えるほどのものものしさ。その詩碑がある渡月橋上流を歩くと、見事な紅葉が見られるのだけれど、景観も確実に変わっている。... [Read More]

Tracked on November 26, 2007 08:56 PM

« 吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば玉三郎 | Main | 豪州長期政権大干ばつに大敗 »