« ミシュランはケータイでみたい&銀座三ツ星ロオジエ | Main | 京都嵐山の紅葉の替わりは駒込六義園 <(__)> »

November 23, 2007

吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば玉三郎

吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば坂東玉三郎と言うことになります、仁左衛門、菊五郎、團十郎、勘三郎そして幸四郎・吉右衛門兄弟と歌舞伎の大名跡は、皆先代の子または孫という直系のなか、この玉三郎さんだけは関係浅はからぬ料亭の子と言えど、梨園の人間ではありません、これだけのことをもっても、この人が歌舞伎界当代随一の天才と言うことがわかります。

昔彼が出演したバレエの公演を、当時の彼女に連れられイヤイヤ^^観に行ったことがありますが、動き回る の超一流のバレエダンサーに対して、ほとんど動きがない の状態でありながら、その所作で舞台を圧倒していました、もしかするとそのときから歌舞伎を観始めた気もいたします。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ということで仁左衛門襲名公演以来久しぶりに行くか...で12月の歌舞伎座の演目はとみると、なな何と玉三郎さんのご出演ではありませんか、たまには奮発して桟敷席で吉兆の松花堂弁当でも戴きますか...とは言ってもこの席、既に11月15日から発売していることもあり、茶屋が抑える相撲の桝席の最上席と同じく、なかなかあっしのような庶民には縁遠いのでございます。

さて、カトラーさんが吉兆の蹉跌と書かれていますが、まだそういう評価を下すには少々早いのではないでしょうか?5つも分家が出ればなかには馬鹿もいます、それが船場吉兆の娘婿だとも言えます、ミシュランにも選ばれていないと書かれていますが、彼らはフランス料理は得意でも日本料理は苦手かもしれません、もう少し長い目でみたいと思います。

|

« ミシュランはケータイでみたい&銀座三ツ星ロオジエ | Main | 京都嵐山の紅葉の替わりは駒込六義園 <(__)> »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 吉兆と言えば歌舞伎、歌舞伎と言えば玉三郎:

« ミシュランはケータイでみたい&銀座三ツ星ロオジエ | Main | 京都嵐山の紅葉の替わりは駒込六義園 <(__)> »