« 魅惑の谷根千...その中心・谷中銀座を歩く | Main | マイラグジュアリータイム in 舞浜 »

October 14, 2007

東京で一番古いアーケード商店街・武蔵小山パルム

Musashi_koyama_0710_02 谷根千の後に東京で一番古く且つ最も大きい?と言われている、アーケード商店街・武蔵小山パルムに行って参りました、聞くところによりますとココのモデルは神戸の元町で、阿佐ヶ谷のパールセンターが出来たのはその後だそうです、場所は武蔵小山駅の東口にあり、左右に分かれていますが、左側の方が巨大で明るく賑やかです、ただココにもチェーン店が進出しています。

《東京で一番古いアーケード商店街・武蔵小山パルム》
武蔵小山パルムその1・左側(09:47)その2・右側(04:19)
武蔵小山西口商店街(03:39)武蔵小山駅構内(00:41)

人気ランキングはどうなっているんだろう?

※パルムという名の由来はスタンダールの「赤と黒」の次に有名な小説、「パルムの僧院」から取っているのでしょうか?両方とも映画では1959年に36歳で夭折した、フランスの俳優ジェラール・フィリップが主演しています。

彼は肝臓癌のようですが、当時1955年にまずアメリカでジェームス・ディーンが24歳で、続いて日本で1961年に赤木圭一郎が21歳で、いずれも自ら運転するクルマで事故死してしており、若き才能が失われた時代だったようです。

最初の5枚はアケード商店街・武蔵小山パルムで、駅東口地上口付近からその右側を撮ったモノ、中は右側の倍以上の規模があり、より明るく賑やかな左側、右はその中の様子です。

Musashi_koyama_0710_01 Musashi_koyama_0710_02 Musashi_koyama_0710_03

左は中にあるお茶菓子屋さん、中は左側商店街の出口です、特に左側の商店街は賑やかでシャッター街とは縁が薄いです、しかしココにもラーメン日高こそ珍しくありませんが、いろんなチェーン店が入り込んで来ています、ボクは個人商店にもっと頑張って欲しいと思うのですが、資本の大きなチェーン店に頼らざるを得ないのかもしれません、右は武蔵小山駅の東地上口です。

Musashi_koyama_0710_04 Musashi_koyama_0710_05 Musashi_koyama_0710_06

左は武蔵小山駅上の今の様子です、ココに東急ストアが入った商業施設が出来るのでしょうか?田園調布のようなモノが出来るとヨイですね、中は駅西口の小山台高校脇の路地裏商店街です、大きくはありませんが味があります。

Musashi_koyama_0710_07 Musashi_koyama_0710_08 Musashi_koyama_0710_09

右上は武蔵小山駅の構内です、東急目黒線は写真をみるとわかりますが、ホームドアの色とかホームの床が各駅に依って違います、コレはいいですよね、ボクは最近最近ホームドアの高さをもう少し低くした方がいいと思うようになりました、圧迫感があるからです、如何でしょうか?

|

« 魅惑の谷根千...その中心・谷中銀座を歩く | Main | マイラグジュアリータイム in 舞浜 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京で一番古いアーケード商店街・武蔵小山パルム:

« 魅惑の谷根千...その中心・谷中銀座を歩く | Main | マイラグジュアリータイム in 舞浜 »