« マイラグジュアリータイム in 舞浜 | Main | 名物創業者が去り儲け主義^^に走るブックオフ »

October 15, 2007

顧客導線が切れるという恐さ@有楽町イトシアプラザ

Jiyugaoka_0710_02 JR有楽町駅銀座口前の丸井の直ぐ横に、ちょうど丸井のレストラン街という感じで、有楽町イトシアプラザというビルがあります、このビルの1~3階のレストランはどこも満員で、外に客が溢れていますが、4階に1軒ダケあるトラッテリア...いわゆるイタ飯屋のオーナーか支配人がご機嫌斜めデス、何故か?行列が出来ていないどころか席が空いているのです。

顧客導線が切れるという恐さ@有楽町イトシアプラザ(02:09)

そして上の写真は自由が丘のスイーツフォレストのケーキとカフェオレです、写真の上の方にちょっと見辛いのですが、テーブルの塗装が剥げ且つ削れて白い部分が露出しているのが見えています、実際はもっと醜くちゃんとメンテしているのかと言いたくなります、この二つの事例は顧客導線が切れるという恐さです、出来立ての有楽町のトラッテリアは解決手段がありますが、自由が丘のスイーツフォレストは早晩消えて行くでしょう。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

有楽町の方の原因は何か?まず4階は丸井との連絡通路があるのですが、映像をみてもわかる通り二重に扉が閉じられています、顧客に二度もドアを押させるようでは人は回遊しません、丸井側を確認していませんが、扉の先にレストラン&映画館街があると、顧客に認識してもらうものは恐らく何もないでしょう、見やすい看板を付けて丸井との連絡通路をオープンにすること、そして通路が雨でも濡れないことが大事です。

次に何で3階まで満員で4階に客が来ないのかですが、4階にニッチ^^向けの小さな映画館が出来たことを知ってはいるが、ニッチ向けなので誰も上がらない、そしてレストラン街は3階までと4階にイタ飯屋があるとは誰も思っていないでしょう、顧客は館内案内のパンフレットを丹念にみないと考えるべきです、ビル内特に1階のエントランスを広く取り、1~4階のどこに何があるのか見やすい看板が、ちゃんと出ているかどうかが重要です。

しかしこのビルが最悪なのは1階の半分がパチンコ屋になっていることです、パチンコ屋を入れるのを前提とするなら、1階の一等地は入口のみとし、遊戯スペースは地下1~2階に押し込め^^、1階はオープンなカフェスペースと、ビル案内が良く見える広めのエントランスとすべきです、向かいが元々パチンコ屋なのはともかく、この外観と音では女性に嫌われます、ビルの魅力は半減どころか激減です、この程度の改装なら直ぐにでも出来ます。

自由が丘のスイーツフォレストが問題なのは繁華街から20m以上切れているのです、昼間であれば10mくらいなら大丈夫ですが夜は10m切れても駄目です、20mとなれば夜になると誰も来ないでしょう、出来たときは隣にクイーンズ伊勢丹が出ていましたが、彼らには直ぐわかったようで数年前に撤退し、静岡のドラッグストア&食品スーパーのハックキミサワに替わりました。

|

« マイラグジュアリータイム in 舞浜 | Main | 名物創業者が去り儲け主義^^に走るブックオフ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 顧客導線が切れるという恐さ@有楽町イトシアプラザ:

« マイラグジュアリータイム in 舞浜 | Main | 名物創業者が去り儲け主義^^に走るブックオフ »