« 世代間抗争:大量のお年寄りvs少数の若者 | Main | World Heritage:世界遺産 »

July 15, 2007

ハゲタカファンドを追い出す料簡の狭いムラ社会日本

ブルドック株、4営業日連続でストップ安水準とのこと、高裁がスティールパートナーズが濫用的買収者であるとして、ブルドックソースの対抗策の正当性を認めてしまったようだ、そして経産省の事務次官まで「裁判所の判断は好ましい。」などと言う始末、ブルドックくらいならどうでもエエんじゃないと言ってみるテストw、裁判所は株主総会が判断することと突き放すべきです、しかしまあ日本って国は何と料簡の狭いムラ社会であること...

信濃のコーヒー屋さんは「主要なニュースとして報道されていることに、私は違和感を感じてしまいます。」とおっしゃっています、東芝とか三菱重工のような日本の核武装^^・軍需産業の中心企業への発動ならわかるし重要ですが...そして相手がアメリカだと今回とかBSEのように居丈高に出たり、久間さんの原爆問題のように国内ではギャンギャン言っても変に下手に出たり、ちょっと我が愛すべき祖国は挙動不審であります(←カックシ)、まあ親に結局は逆らえない小さな子供のようですナ。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 世代間抗争:大量のお年寄りvs少数の若者 | Main | World Heritage:世界遺産 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ハゲタカファンドを追い出す料簡の狭いムラ社会日本:

» Choose or Loose!!参院選その3円安が描く未来学 [ぶらざーてぃのblog]
写真:BSE騒動のゴタゴタで4割近い値上げ〜吉野家の牛丼〜  さて選挙シリーズ第3弾、参院選も公示されましたがよくよく考えると特定候補者を応援している訳ではないのでこのまま行きましょう。  さて最近のニュースを見ていると「円安」が進んでいると言う話を良く見....... [Read More]

Tracked on July 16, 2007 01:52 AM

« 世代間抗争:大量のお年寄りvs少数の若者 | Main | World Heritage:世界遺産 »