« 雨に濡れた夕刻の深川・門前仲町 | Main | 駅中のフードビジネス華やかな京王線明大前駅 »

June 15, 2007

マリー・アントワネットとマリアンヌ・フェイスフル様

Marie_antoinette_00 昨日何気なく映画「マリー・アントワネット」の予告編をみていたら、マリア・テレジア役でマリアンヌ・フェイスフル様のお名前が...下記のスナップショットに映っている、還暦を過ぎたオバハンですが、こんなトコでお会い出来るなんて...彼女は40年前の映画「あの胸にもう一度」で当時の天下の二枚目、今のキムタクなどおよぶべくもなく、和服の女性にもモテたアラン・ドロンと共演し、映画のラストでバニシング・ポイントさながらに激突死してしまう、女性ライダーを演じています。

Marie_antoinette

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ていうかローリング・ストーンズのミック・ジャガーの、洋子さんじゃありませんが、最近何かと話題の情婦^^として有名です、確か子供さんもいるんじゃないかな...しかし時の流れちゅうのは恐ろしいものですな、下のスナップショットとの差は歴然です。

Girl_on_a_motorcycle

尚左手はドロン様のもので、彼が口で彼女の素肌に着た、革のつなぎのジッパーを下げるシーンは有名です、YOTUBEはエロ動画と幼児ポルノは厳禁で、サクランボがちらちらと映るこの程度の映像が限度と思われます。

しかしドロンのタバコ姿はわかりますが、ヘルメットなしで単車で疾走するとは...今じゃチト考えられません、今日銀座に裸で毛皮撲滅キャンペーンを行うお姉チャン方が出没したそうな、知っていれば写々丸参上し、皆様にご報告いたしましたのに...

映画「マリー・アントワネット」の監督はソフィア・コッポラと言い、「ゴッドファーザー」のフランシス=フォード・コッポラ監督の娘さんです、確か「ゴッドファーザー」の結婚式のシーンに、ウェディングドレス姿で出てくる小柄な女性のハズ、あの映画がつくられてからもう何年になるのだろう...

しかし、フランスの宮廷をえがく映画なのに英語とはチト違和感があります、何かリズムに欠けるんですよね、やっぱり英語は野蛮な未開民族の言語と感じた次第...それがいまや世界言語ですから、時代の大河は恐ろしいモノです。

その英語も大航海後に中南米に広まったスペイン語に圧され、カリフォルニアとかニューメキシコでは既に通じなくなっているらすい、特にMLBでは投手に中南米出身者が多く、皆がスペイン語を喋るので、城島さんも習い始めたとか...

マリアンヌが演じた女帝マリア・テレジアは、今のオーストリア・ウィーンを中心に栄えた、神聖ローマ帝国を代表する皇帝で、子供時代の楽聖・モーツァルトとも謁見、彼のピアノを楽しみ、彼女の時に名門ハプスブルグ家が栄耀栄華を極めたと言います。

その末娘が太陽王の孫だか曾孫だかに嫁いだマリー・アントワネットです、40年前であれば彼女が演じたハズの役柄ですナ、モーツァルトのピアノ演奏にヨチヨチ歩きで臨席していて、二人は行末を誓い合ったというデマ^^も流れています、ということは調べていませんが、マリーとモーツァルトはほとんど同い年鴨葱...

そしてモーツァルトの死が1792年でフランス革命が1789年と言いますから、彼は最晩年にウィーンでフランス革命の勃発をきいているワケです、マリーがいつ断頭台・ギロチンの露と消えたのかは覚えていません、何年もったのかな...

ロシア・ロマノフ王朝の宮廷言葉はフランス語ですが、神聖ローマは何語だったのだろうか?ちなみに話しはガラっと変わりますが、天智天皇とか聖徳太子の時代の宮廷言葉は、ハングルちゅうか朝鮮語らしいです、その言語史は当然ながら日本語より古く、新しいのは文字のハングルだけのようです、そして草なぎ君も直ぐ熟達したように、日本人には超覚え易いとか...

|

« 雨に濡れた夕刻の深川・門前仲町 | Main | 駅中のフードビジネス華やかな京王線明大前駅 »

Comments

TBありがとうございました。マリーアントワネットが幽閉されていたところを数年前に見物しました。山高ければ谷深しというのは株だけではないようで。

Posted by: さなえ | June 18, 2007 06:44 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マリー・アントワネットとマリアンヌ・フェイスフル様:

« 雨に濡れた夕刻の深川・門前仲町 | Main | 駅中のフードビジネス華やかな京王線明大前駅 »