« 男の子^^は電車が好き@武蔵小金井 | Main | 夜の銀座通りを新橋から京橋まで歩く »

May 06, 2007

過大評価と過小評価

最近フト思うことがある、人の能力を過大評価したり、過小評価してしまうことが多々ある、どんなケースかちゅうと、例えば自分が営業マンだとする、自分よりいつも良い成績を上げている営業マンは評価するだろう、その逆に成績が悪いとかテキパキしていない営業マンは評価しないだろう、さて相手が技術者とか財務・総務と言った畑が違う人だとどうだろう、実は大したことをしていないのに、自分が逆立ちしても出来ないことをサッサとやってしまうので、思わず凄いと過大評価したことはないか?

その逆に例えば自分と同業の、特に若い営業マンが客先で失敗をヤラかしたとすると、オレは絶対こんな失敗はしないと鼻高々、たまたまの失敗を咎めて過小評価することはないか?自分がそうなのでこのことを棚に挙げて^^言えば、自分と異なる分野の大したことない人を過大評価することが往々にしてあり、自分と同じ分野のチョットだけ能力が劣る人を過小評価しがちだ、このことを厳に戒めたいと最近思う、如何だろうか?大きく劣るのは駄目だが、ちょっと劣る人を育てると自分の仕事が楽になることが多いと最近感じている。

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
> 僕は過大評価も過小評価もしない。←このことが簡単ではありません、どちらかに偏りがちです、どうしたらよいでしょうか?、> 最近は数字が全てという風潮が強いのを危惧している。←おっしゃる通りです、どのように修正すべきとお考えでしょうか?

|

« 男の子^^は電車が好き@武蔵小金井 | Main | 夜の銀座通りを新橋から京橋まで歩く »

Comments

僕は過大評価も過小評価もしない。真っ当な人間ならば、ごく普通に考えるが、常識はずれの人間に対しては放っておくしかないと考えている。確かに、出世する人間はそれなりの実力と人望に加えて、運も強い。しかし、その逆に、何かひとつ欠けても窓際族にならざるを得ないのではないか。人間誰しも完全とは言えないが、良い部分と悪い部分を持ち合わせている。上に立つ者は良い所だけを見るのではなく、悪い所を把握しつつ、それを修正する努力こそ大切ではないか。最近は数字が全てという風潮が強いのを危惧している。

Posted by: katchan | May 06, 2007 04:18 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 過大評価と過小評価:

« 男の子^^は電車が好き@武蔵小金井 | Main | 夜の銀座通りを新橋から京橋まで歩く »