« 西巣鴨・庚申塚を歩く | Main | 養子縁組制度をきちんと運用すれば良いダケのこと »

March 24, 2007

彼の国問題について

アメリカはまあ日本がいるんでこの問題に付き合っていたが、イラクが火を噴いているのでそれどころじゃない、どうせミサイルは飛んで来るハズがないし、テキトーに店仕舞いって感じかな、それに対して中国は言うこときかないわがまま坊やがウザクて仕方がない、下手に核なんか持つと何をしでかすかわかったモノではない、それがわかっているからプレッシャーをかけているのでしょうな、わからないのは中国に嫌われて彼の国の政権が持つかどうかちゅうトコです、どうなんでしょうネ、日本は六カ国協議よりも彼の国と元々は国交があるなど、仲が良かったとされる永世中立国のスイスとか、旧共産主義圏のお仲間の中欧(元東欧)各国との連携を深めた方がいいと思われ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 西巣鴨・庚申塚を歩く | Main | 養子縁組制度をきちんと運用すれば良いダケのこと »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 彼の国問題について:

« 西巣鴨・庚申塚を歩く | Main | 養子縁組制度をきちんと運用すれば良いダケのこと »