« 飛鳥山散歩:都電荒川線の駅付近を歩く | Main | ようやく個人株主にチャンスが回ってきた? »

March 01, 2007

はなのいろはうつりにけりな

「はなのいろはうつりにけりないたづらにわがみよにふるながあめせしまに」これは平安時代に小野小町が詠んだと言われる和歌ですが、その昔25歳がお肌の曲がり角と言われ、大学を卒業するとき同級の女子大生たちがあと3年だよ言っていたことを思い出しまた、さて長谷川京子さんは28歳のようです、そしてあっしらがアイドル(松本)伊代ちゃん、(早見)優ちゃんに至ってはだぶんメイビー40歳を遥かに超えたでしょう

ハイ言葉数が少ないw、もうパーペキなオバハンに進化^^致しておりまつ、しかし息子娘の世代がそろそろ10代も後半...つうか同級の女性たちは長男長女が既に成人式を迎えた人が多いようです、はなのいろはうつりにけりな...織田信長公が舞ったとされる「敦盛」...男も天命を意識するとき、この言葉の重みを感じます、友人をみてもそろそろ顔のつくりが変わり始めているようです

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 飛鳥山散歩:都電荒川線の駅付近を歩く | Main | ようやく個人株主にチャンスが回ってきた? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference はなのいろはうつりにけりな:

« 飛鳥山散歩:都電荒川線の駅付近を歩く | Main | ようやく個人株主にチャンスが回ってきた? »