« 日本の風景・京都妙心寺退蔵院 | Main | 円安容認^^論 »

February 03, 2007

これからはエネルギーを転換・閉じ込める時代

最近これからはエネルギーを放出・発散する時代から転換・閉じ込める時代なるのではないかと思っている、この100年くらいだろうか石炭・石油・天然ガスということで、地球がその45億円の歴史で溜め込んだエネルギーを放出・発散してきた、有識者なるものが地球が温暖化しているしてないと無用な議論しているが、これが地球温暖化そのものの姿である

でテレ東などによると最近太陽電池なるものを一般の家庭まで設置する動きが出ている、ボクは太陽電池の進化は止まっておらず、まだこれから半分・1/3と安くなるし、表面積あたりの電気の収量も飛躍的に増えると思う、ので設置は5年後を目処に考えた方がいいのではないかと思う、まあ気になったのは発電より電気を閉じ込める蓄電の方の技術進化の遅れだ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

まああれやこれやでこういう太陽の無限のエネルギーを人間が使えるように転換したり、不要にばら撒かれているエネルギーを安価に閉じ込めることができれば、地球温暖化も止まり人類も約100年後の22世紀を迎えることができるだろうと思う、曾孫曾々孫もこの世に存在できるようになるワケであります

|

« 日本の風景・京都妙心寺退蔵院 | Main | 円安容認^^論 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これからはエネルギーを転換・閉じ込める時代:

« 日本の風景・京都妙心寺退蔵院 | Main | 円安容認^^論 »