« 副都心^^新宿の摩天楼群 | Main | 最近東京都内で目立つ店 »

February 07, 2007

団塊世代は息子娘という自分の足を食べてしまった

週刊スパの電車の中吊り広告に今25~35歳の若者の32%がスネカジリ族と書いてあった、彼らの親である団塊世代は実質働いていない息子娘のために、自分たちの老後資金である退職金を使い、退職前の半額以下の給与で働きに出るようである、彼らが半額以下の給与でしか再雇用されないということは、それを時給に直したモノが彼らの価値であったということになる

ここ5年で企業業績は大企業を中心に急激に回復してきたが、その原因は失われた時代の後期になって初めて、まともなリストラが行われたということである、それまで企業は賃金に見合う労働が出来なくなった人たちに、昔の高い賃金を払い続けたわけだ、その陰で彼らの子供たちは就職先もなくあぶれていたというのが失われた15年の実態である、団塊世代のオジサマたちの近視眼的な恐怖が時代を狂わせてしまったのだ

人気ランキングはどうなっているんだろう?

団塊世代の人たちの給与を失われた時代の前期からせめて20%カット出来ていれば、二人で若者一人を雇え世の中にニート・フリーターがこんなにあふれることもなかったと思う、肺癌で50代半ばで早世した先輩が自分の会社を起こしたときにおっしゃった、「俺たちが大企業から退き、その培った智慧で会社を起こし、大企業から蹴られた若者を雇わないと世の中は暗闇になる」という言葉を思い出す、まさに彼の言う通りになってしまった

スパのいうこの32%いると言われるスネカジリ族の1/3...世代全体の10%を活性化することができれば、野村の言う円熟生活ができるシニア世代も10%増える、来るべき労働力不足も緩やかに出来る、産む機械^^の方たちの種付けが出来る経済力を持った殿方も増え、出生率も10%くらい改善する、ということで失われた時代の最大の不良債権である、このスネカジリ族を活性化することができれば、日本の景気は本当に良くなる

年金もそうだ、彼らも含めて今直ぐに支払い最低金額はそのままに、年金の支払額を20%カットすべきだ、そして団塊世代の貧者の面倒は今の我々^^若者に押し付けるのではなく、団塊世代の円熟生活を送れる人たちの互助で行うべきである、団塊世代の金持ちはそういう基金を作るべきだと思う、団塊貧者の生活保護は地方自治体が行うべきではない、そういう基金が率先して行うべきである、如何だろうか?

|

« 副都心^^新宿の摩天楼群 | Main | 最近東京都内で目立つ店 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 団塊世代は息子娘という自分の足を食べてしまった:

» 景気感に左右される [不動産投資が分かる!!不動産投資基本講座]
「今は何とかやっていけれど、リストラにより早期退職に追い込まれるかもしれない」というような不安があれば、 [Read More]

Tracked on February 07, 2007 11:29 PM

» 『社会保険庁廃止』の絶好のチャンスを見逃す民主党。 [貞子ちゃんの連れ連れ日記]
前回の『奥様はピラニア♪』で、柳沢厚生労働大臣の失言問題をちょっとだけ記しましたら、多くの方からコメントを頂きました。みなさん ありがとうございます。 私なりに 今回の柳沢厚生労働省の発言の背景を考えて直してみましたが、 〓年金制度も含めた今の日本経済の構造的な諸問題。(これは 私のブログで2年以上かけて記してきました。) 〓今の日本が 多様性をまだまだ受け入れられない(違いを認め合って けなげに生きている人間として受け入れることが苦手、重箱の隅をつつくのだけが得意)という未熟な文化的な(島国... [Read More]

Tracked on February 08, 2007 12:36 AM

« 副都心^^新宿の摩天楼群 | Main | 最近東京都内で目立つ店 »