« 都内をクネクネ走る中央線 | Main | 複々線化が進む小田急 »

February 17, 2007

達人営業ウーマンに聞く”営業の極意”

コメントとトラックバックを許可制にしたのでお気付きにはならないと思いますが、最近頭の悪い宣伝臭プンプンのコメントとかトラックバックが目立ちます、まあ一切載せませんから無駄足なんですけどネ、許可制にして良かったなと素直に思い始めている今日この頃ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?w、あっしがついのせられて公開してしまうような秀逸な一品^^はないものでありましょうか?

さて、今朝の蔦さんの番組で佐々木さんの「次世代ウェブ」という新書の冒頭に載っていた、二人の元英語教材のやり手営業ウーマンが始めたサンプル百貨店を紹介していました、ルーク19という会社名の由来がヨウわかりませんが、二人とも1ケ30~70万円もする高価な教材を1年間で1億5千万円も売り捌き、10年ほど前に勤めていた会社の世界ナンバー1に輝いたという、あっしのような営業苦手の馬鹿には女神様が降臨したような感じですわ、特に副社長の飯島さんはふくよかな方であっしのタイプw...

↓達人営業ウーマンに聞く”営業の極意”↓

人気ランキングはどうなっているんだろう?

一、陽転思考に裏打ちされた切り返し
二、褒め上手、聞き上手
三、問題意識を喚起する

営業の基本は2番目の「褒め上手、聞き上手」ですが、コレがなかなか難しい、昔プロの営業と言われた人でさえ、本人はただ単にウサを晴らしているダケなのでしょうが、「けなし下手の陰転思考」というマイナスのスパイラルに嵌っているのをみるにつけ、一の「陽転思考」というのがポイントのような気がします、でもやってみるとそれはわかっていてもなかなか臨機応変の「切り返し」が難しいというのが本音です

彼女たちをみているとアイデアだけではカネにはならないというのがヨウわかります、罵詈雑言という相手の太刀に対して骨を斬られることなく、そのマイナスの力を陽転して、少々傷つきながらも強いプラスのパワーにする、如何に相手と真摯に向かい、独りよがりにならず、その気持ちを斟酌してきちんとしたコミュニケーションを取っていくということに尽きるわけです、言葉で言うのは本当に簡単なのですが...

ところで、彼女たちのサンプル百貨店の年会費100万円で3品まで出品出来て、追加は1品5万円という価格体系ですが、資生堂のように「つばき」という年間売上目標100億円(実際の売上150億円)のものに対して、50億円という巨額な広告宣伝費を突っ込める企業には安いのでしょうが、中小零細には高値の華です、半年限定で1品のみ出品できて20万円というお試しコースが必要なように感じました、既にあったりシテ...

尚、佐々木さんの「次世代ウェブ」という新書は前のふたつの本より格段に面白いです、やっぱり本を読むなら何か新しいモノ、いわゆるファッツニュー(What’s New)だなとあらためて思いました、つまり自分が知りたいことを先回りして教えてくれるのがイイです、ということでこの本と梅田さんの「ウェブ進化論」の2冊は、ネットを知らないまだまだ引退できないお爺ちゃんには必読の書じゃないでしょうか

《追記》
> 差別的でしょうか←セクハラですw、つばきはド赤字ですがその他のブランドへの波及効果もあると思われ、トータルの広告宣伝費を考えているのでしょう

《追記2》
> 個人的な体験から。←ヨっ天才営業マン!

|

« 都内をクネクネ走る中央線 | Main | 複々線化が進む小田急 »

Comments

・営業に限らず、女性の方に相手が何の情報や状況を気にしているか、量る力が強い人が多いのでは?というのは差別的でしょうか それは母性かも、です。男性は自分の事が中心の人が多い。どれだけ自分が主役の座を譲れるか、の発想に近い気がします。
・資生堂は一時MDを絞る(男性用化粧品でさえも)という施策を発表してましたよね。例えばマイルドシャンプー(MS)よりつばきの単価が高い、そしてMSを廃止してつばきを年間何本多く売り上げたら宣伝費はペイするか、と考えたら方向転換はたやすかったのかも、と思います(中小との比較ではなく、資生堂内部ですけど・・・)つばきやマキアージュ自体がクロスジェネレーションターゲットですから効率がいいんでしょうかね。長文すいません

Posted by: saya | February 17, 2007 01:37 PM

営業の基本は
>陽転思考に裏打ちされた切り返し
に尽きますね。
基本的に、営業が話す相手って、買いたくない人なワケ。
その、買いたくない理由を買いたい理由に如何に変化させるか、という事になるワケで。

個人的な経験だと、売るモノによって買いたくない理由に多少のマイナーバージョンはありますけど、基本的に買いたくない理由のバリエーションってそんなに多くないので、慣れてきたら自分の中である程度マニュアル化は出来ます。

まー才能無い人でも、このマニュアルさえ出来れば年商1億は無理でも彼女らの半分くらいは売れると思いますねというのは個人的な体験から。


人の心の動きって、人の外見よりは個性が無いモノなんじゃないかなーなんて思うワケで。

Posted by: 滑稽本 | February 17, 2007 10:43 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 達人営業ウーマンに聞く”営業の極意”:

« 都内をクネクネ走る中央線 | Main | 複々線化が進む小田急 »