« 関空は生き残れるのか? | Main | お化けは死なない&猫娘に田中麗奈 »

February 18, 2007

自粛という名の言論弾圧

花崗岩のつぶやきさんによる原題の直訳で「菊の玉座の囚人:日本の皇女の悲劇」という本が、聞くところによると既に日本語訳済みながら、発行元の講談社の”自粛”で発売しないようだ、しかしこういう本の出版に無言の圧力をかけると言うのでは、お隣の世界最大の人口を誇る国の言論弾圧を責められない、つうかむしろよっぽど性質が悪いとも言える

その内密かにその一部始終、特に過激な箇所がネットで公開されるだろうし、英語の本をアマゾンから取り寄せることは止められない、勝手に読ませた方が得策と思うのだが、頭の固い爺様たちにはそういうことを言っても無駄のようだ、まあ殿下が守らなければ自殺に追い込まれたと言われている彼女の、本当の病名を外国人が良く知っていて、フツーの日本人が知らないと言うのを異常だと思わない人がいたら不思議の国の蟻んス

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 関空は生き残れるのか? | Main | お化けは死なない&猫娘に田中麗奈 »

Comments

トラックバック有難うございます.なお講談社は出版しないことにしたそうです.アマゾンで原書を買うことにしました.近くの書店では売ってなかったので.読みこなせるか疑問ですが(笑).

Posted by: tantanmen | February 18, 2007 05:48 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 自粛という名の言論弾圧:

« 関空は生き残れるのか? | Main | お化けは死なない&猫娘に田中麗奈 »