« ちょっとガランとしている浜松町・大門と新橋の間 | Main | 最近の地下鉄は地下深いのでイライラする »

February 11, 2007

交通手段による移動はまず時間距離そして価格距離

交通手段による移動で一番プライオリティが高いのは時間距離、次いで価格距離だと思います、正直儲かっていると言われる東海道新幹線はもっと価格を下げるべきだと思うし、高くて誰も使わない東京湾アクアラインなんて価格をドラスティックに下げ、収入が一番上がるトコから少し安い利用者が最も多い価格にすべきです、中国自動車道だとかは高くて誰も使わず、長距離トラックドライバーが下を睡眠時間を削って疾走し、事故を起こしている有様とか...こういう交通事情を早く見直した方がいいです

しかし新幹線が出来た岩手と長野は、在来が3セクに移管され倍以上という凄まじい価格を押し付けられ、且つ高いので乗る人がいなくなったため窮地に陥っているのだとか...1時間に1本という八戸~盛岡間は無駄の一言で、もう専用の新幹線は要りません、曲がりくねったローカル線を直線化するなど最小限の工事に止め、在来と新幹線の共用をはかるべきです、第二東名も東京へのアクセスが完備されないなら造る必要は一切ありません、優先順位と価格を速やかに情報公開しなくてはイケマセン

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
> 増客にはなっても増収には結びついていないようです←大幅な減収にさえならなければ、通勤時間帯の混み方が異常でない限り、沿線の価値も上がる増客は大いに歓迎すべきでしょう、> 北総←初乗り300円だそうです、地方の3セクはさらに悲惨ときいていますが、埼玉高速もつくばエクスプレスも倍近い運賃で、都営地下鉄が直ぐに210円になると文句を言うと叱られます

> それはそれで1つの選択でしょうし←う~ン申し訳ゴザイマセンがなんかとっても悠長なお話しをされておられるような...<(__)>、でも斉藤さんトコの中央線長野松本とか、常磐自動車しかまともな交通機関がなく、仙台に遅れを取っている原ノ町など茨城の太平洋沿岸の奥地^^に、時速200km程度の高速鉄道を通す必要がありそうです、尚北陸は既にそういう高速電車が動いていて、特に整備新幹線はイラナイとか...

|

« ちょっとガランとしている浜松町・大門と新橋の間 | Main | 最近の地下鉄は地下深いのでイライラする »

Comments

首都圏では京王、自治体が損失補てんを行ったうえで学割限定で北総鉄道、関西では北神急行と言う3セクが値下げを行っていますが増客にはなっても増収には結びついていないようです。
 増客の効果に賭けて自治体がフォローを入れつつやっていくかどうかなのだと思います。
http://members.jcom.home.ne.jp/brother/ad1.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/brother/tr46.htm

Posted by: brother-t | February 11, 2007 04:36 PM

>北総←初乗り300円だそうです

 これは実は初乗りそのものは200円なのですが、隣駅までの区間が3kmを超えるケースがあるのでその場合3km以上の運賃が適用されて300円になるケースがあります。ちなみに両隣駅への距離が共に3kmになっている千葉NT中央駅の場合普通の切符は300円からしか買えませんが、入場券は200円となっています。

>通勤時間帯の混み方が異常でない限り、沿線の価値も上がる増客は大いに歓迎すべきでしょう

 これはそうですがその為の負担を誰が行うかになると思います。単年度黒字化を達成した北総でさえ建設費の返済(これは黒字分も注ぎ込んでやっと年間の返済額に達する)で汲々としていますし、他の赤字3セクはそれ以前のレベルと言って良いでしょう。

>しかし新幹線が出来た岩手と長野は、在来が3セクに移管され倍以上という凄まじい価格を押し付けられ

 これは運賃そのものは倍にはなっていませんが定期の割引率が学生定期を中心に引き下げられるので一番利用する学生の負担ほど増える構図にあるようです。
 この辺は難しい問題ですね。1つは地方がどう言った意識を持っているか、こういった問題を抱えても新幹線がほしいと言うのならそれはそれで1つの選択でしょうし、もう1つは新幹線の乗り入れる東京側がどう考えるか、東京の競争力の源泉である国内地方都市からのアクセスの良さによる消費やビジネスの流入と言う状況を今後どうして行くかと言う2つの点を考えていく必要がありそうです。

Posted by: brother-t | February 11, 2007 09:09 PM

書き忘れていたので追加しますが新幹線に関しては第3の利害者として延長先、即ち八戸における青森、函館、札幌、長野における富山、金沢、福井、大阪・名古屋の利害も考えていく必要がありそうです。
 北陸新幹線に関しては特に頭痛くなりそうです。

Posted by: brother-t | February 11, 2007 09:16 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 交通手段による移動はまず時間距離そして価格距離:

» HP更新情報@2/13〜ゆいレール2005年度決算レポート追加〜 [ぶらざーてぃのblog]
 2月13日  TRAFICに需要予測どおりのモノレールの現状はいかに〜ゆいレール2005年度決算レポート〜を追加しました。  鉄道がなくなってしまった県、沖縄県に華々しく開業したモノレールであるゆいレール、この手の新線につき物の「需要予測を大きく下回って苦戦中」と...... [Read More]

Tracked on February 14, 2007 12:09 AM

« ちょっとガランとしている浜松町・大門と新橋の間 | Main | 最近の地下鉄は地下深いのでイライラする »