« 東京の貧弱なライヴスペース事情 | Main | 才能を生かせない社会は衰退の一途byホリエモン »

January 06, 2007

栄光のル・マンとフレンチ・コネクション

ボクは最近つうかこの10年ほどあまり映画を観ていない、でも一時期貪る様に映画を観た時期がある、ウルサイ餓鬼^^だと言われた頃だ、そのときリバイバルで観た哲学的な「2001年宇宙の旅ハイライト」とか、リアルで観た第二次世界大戦を扱った「おもいでの夏ハイライト」などの影響を、特に音楽面で前者からクラシック、後者からジャズであるが顕著に受けた

そしてそんな中でも強烈な印象を持っているのがスティーブ・マックイーンさんの「栄光のル・マン予告編」だ、この映画の主人公はボクにとってマックイーンさんではなく爆音を轟かす四つグルマだ、単車好きの親父に連れられて歌舞伎町の新宿プラザ劇場に行った、ディメンジョン150とか言う日本初の大画面が自慢だった、あっしの栄えある^^歌舞伎町初見参である

人気ランキングはどうなっているんだろう?

同じくクルマの映画でル・マンのような正規なレースではなく、街中でカーチェイスを繰り広げた映画にジーン・ハックマンさんの「フレンチ・コネクションハイライト」がある、これが麻薬犯罪を扱った映画だと知ったのは後のことであるが、彼がボコボコになりながらクルマを転がす姿が新鮮だった

以前このブログに書いたが、クルマ繋がりでこの時期に作成されたクロード・ルルーシュ監督の、フェラーリが早朝のパリ市内を疾走する短編映画、「ランデヴー(Rendez Vous)」がYOUTUBEに公開されたときは狂喜乱舞し、グーグルとかヤフーを駆使し元映像に近いMOVファイルまで手に入れた

|

« 東京の貧弱なライヴスペース事情 | Main | 才能を生かせない社会は衰退の一途byホリエモン »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 栄光のル・マンとフレンチ・コネクション:

« 東京の貧弱なライヴスペース事情 | Main | 才能を生かせない社会は衰退の一途byホリエモン »