« 東京の西で一番大きな繁華街のひとつ:吉祥寺 | Main | 表参道の昼と夜、H&Mの日本進出 »

December 24, 2006

最近極端な議論が多過ぎる件についてだったが...

最近極端な議論が多過ぎるような気がする、正解はYESかNOかではなくてだいたいその中間にある、例えばホワイトカラーエグゼンプションを導入するかどうかは、働いた時間の長さに価値はなく働いて生み出したものに価値があるので、間違いなくYESである、このことは渡辺千賀さんのヒューマン2.0とかを読むとワカル、でもその対象者は年収800万円以上の、自分の意思で動ける(転職できる)人に限られるワケだ、でもこういう人たちはたいていの場合既に年棒制とやらが適応されていて、実質エグゼンプションされているワケであります

じゃ何で財界が勇んで導入しようとしているかを裏読みすると、対象に後から基礎年棒400~600万円のまだ自分から動けない人を入れて、彼らに追加で100~200万円を払わずにコキ使おうとしているのがミエミエなんだよね、でも彼らはその100~200万円でクルマを転がしたり、家のローンを払ったり、旅行などに行っているワケで、結局日本の大企業という大ダコが自分の足を喰っているのがわかっていないのであります、う~ン何だか考えさせる事態ですなあ(嘆息)、蟻ぃ~議論が主題とは明後日の方向に進んでしまったワ <(__)>

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
藍、仰る通りでございまつ、まあアメリカも一緒のようですが...

|

« 東京の西で一番大きな繁華街のひとつ:吉祥寺 | Main | 表参道の昼と夜、H&Mの日本進出 »

Comments

一神教があるという事は、結局人は極論が一番理解し易く分かり易いという事でしょう。
そこから人は進歩していないつぅ事で。

政治家といわれる人々は結局、それを踏まえたバランス感覚が一番重要なんですよね。
政治家が極論に走ると悲劇しか起こらない。


そこら辺のバランス感覚を持っている人材が、不足しているような気がします。

Posted by: 滑稽本 | December 24, 2006 at 02:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58062/13176702

Listed below are links to weblogs that reference 最近極端な議論が多過ぎる件についてだったが...:

« 東京の西で一番大きな繁華街のひとつ:吉祥寺 | Main | 表参道の昼と夜、H&Mの日本進出 »