« 中国人忌避から大歓迎へ@日本の小売業 | Main | 現場の実体経済を知らない学者センセ »

December 19, 2006

摩訶不思議な医療機器の内外価格差

最近クダランのでみていなかった某国営放送のクローズアップ現代で、医療機器の内外価格差の問題を取り上げていました、アメリカで2万5千円で買える心臓医療用のカテーテルが12万円以上するなど、だいたい主な医療機器でアメリカの2倍~6倍もするらしい、その原因はどうも厚労省の医薬品とか医療機器の承認制度と、お上が健康保険で払う医療機器の価格を決めていることようです

アメリカなど医療先進国で承認された医薬品とか医療機器を即刻追承認するなど、国同士で相互承認をする制度を設け、医療機器の価格を市場に任せれば相当安くなると感じました、医療費の高騰が声高に叫ばれておりますが、ココにメスを入れれば、明らかに総額で1兆円を超える医療費の減額になります、何故できないのありましょうか?不思議の国のアリス

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 中国人忌避から大歓迎へ@日本の小売業 | Main | 現場の実体経済を知らない学者センセ »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 摩訶不思議な医療機器の内外価格差:

« 中国人忌避から大歓迎へ@日本の小売業 | Main | 現場の実体経済を知らない学者センセ »