« 街のソフトは人に宿る | Main | ラーメン屋さん2軒で違うモノを頼んでみる »

November 26, 2006

入江泰吉・奈良大和路に魅せられた男

先程テレ東・美の巨人たちで入江泰吉さんの「斑鳩の里落陽」という下の写真を今日の1枚として紹介していました、奈良市写真美術館のページではもっと淡い色になっていましたが、番組によると実際はかなり真っ赤に近いようです、入江さんは写真が趣味だった親父のお気に入りの人だったようで、遺品の太陽臨時増刊「大和路・入江泰吉」という29年前の雑誌が手許にあります、しかしいい写真を撮るには千載一遇のシャッターチャンスをひたすら待つのだそうです、プロとはかくも凄まじいようでございます

Irie_ikaruga_1

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 街のソフトは人に宿る | Main | ラーメン屋さん2軒で違うモノを頼んでみる »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 入江泰吉・奈良大和路に魅せられた男:

« 街のソフトは人に宿る | Main | ラーメン屋さん2軒で違うモノを頼んでみる »