« 都電荒川線王子駅の様子 | Main | 新宿の食べる処with追加映像 »

October 29, 2006

東アジアの脅威の行方は?

中国が構想…金王朝崩壊後、親中派政権を樹立かとのこと、夕刊フジZAKZAKのヲタ記事ですが、イラクに手一杯のアメリカもこの中国の動きを容認しているつう噂もあります、先日の唐家センさんとライスさんの動きも元々予定の行動とか...そうなると10年後どうなるのかは藪の中ですが、東アジアから取り敢えず脅威が一掃され、生存している拉致被害者も戻って来るということになります、まあ日本はカネをたんまり払わされそうですがネ

《追記@10月29日PM12:05》
今サンプロで櫻井さんが中国が北を属国化しているのが問題と言っていました、ただ優先順位は東アジアの脅威を取り除くことだと思います、まそこが中国様の真の狙いとも言われておりますが...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 都電荒川線王子駅の様子 | Main | 新宿の食べる処with追加映像 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東アジアの脅威の行方は?:

« 都電荒川線王子駅の様子 | Main | 新宿の食べる処with追加映像 »