« 東京競馬天皇賞秋と府中の並木道 | Main | 飲み屋のねえちゃんからメールが来ますた »

October 30, 2006

朝遭ったイヤなこと

今朝10時の客先商談を終え早飯をして事務所に戻ったトコです、客先に行くのにバスを使ったのだが、降りるときボクの前にいた30代とおぼしき女性が、バックから悠然とがま口を取り出し始め小銭を数えようとしていたので、既に小銭を準備中のボクは彼女の横をすり抜けバス代を払って外に出た、そうしたらその女性がボクに向かっていきなり何かワケわからんことをエキセントリックに喚き散らして足早に駆け去っていった

思わず運転手さんと顔を見合わせてしまいました、彼が「お客さん、気にしないで」と言ってくれたのでその場は落ち着きました、でもいまだになんか釈然としない気持ちである、彼女を押しのけようとはしていないし、身体を横にしてなるべくぶつからないようにしたつもりだ、単純に先にお金を払おうとしただけなんだけど、この程度のことで怒りを買うのかな...こういう人は何故か女性に多い、ご亭主と子供さんがいないことを祈るばかりでありました

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
う~ン、ズングリムックリ小柄ですが巨乳かどうか不明です、何しろ前からまともに顔を見ていないのですよ、後ろからエキセントリックな声を浴びせられ、振り向くと逃げるように走り去って行きました

|

« 東京競馬天皇賞秋と府中の並木道 | Main | 飲み屋のねえちゃんからメールが来ますた »

Comments

隠れ巨乳じゃなかったんですね(笑

Posted by: 滑稽本 | October 30, 2006 10:56 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 朝遭ったイヤなこと:

« 東京競馬天皇賞秋と府中の並木道 | Main | 飲み屋のねえちゃんからメールが来ますた »