« やっぱり3歳馬か...@凱旋門賞 | Main | 何かと噂のある海外での臓器移植手術も禁止に... »

October 02, 2006

官民の給与格差は20%じゃ済まない

木村ゴーさんが「個人的なプライオリティで言いますと、①公務員改革、②教育、③北朝鮮問題なんですが」と書かれている、一番大事なモノを忘れているそれは内政です、①にワーキングプア対策、②に年金などの社会保険ですよ、ワーキングプア対策はブラジルのように政府がカネをばら撒くのではなく、大企業にフリーターのビジネス教育をさせる仕組みをつくれです、社員5万人の企業に年間1000人30代フリーターの試験雇用(1年間)を義務付ければいい、そういう人なら1年後中小企業が雇います

で公務員改革ついて言えばその手法はそんな難しくない、道州制うんぬんより先に地方でできることはすべて地方につうことで、人とカネをすべて中央から地方に移管してしまえばいいのです、給料も民間より2割高いというなら一律で20%カット~!ていうか同じ500万円を給与として貰っていても、住宅事情は一に官舎のある公務員が一番恵まれ、二に社宅のある大企業、三四がなくてようやく五にフツーの人たちと来るわけです

人気ランキングはどうなっているんだろう?

フツーの人たちが18万円で入るトコに詳しい数字はヨ~知りませんが、公務員3万円、大企業9万円とかで入っているワケです、この月15万円、9万円の差はヒジョーに大きい、感覚的に言えば15万円の差を埋めるために25万円かかります、9万円の差を埋めるために15万円かかります

つまり同じ年収500万円でも、フツーの人は500万円ですが、公務員は800万円、大企業は680万円相当貰っていると同じことなのです、だから官民で20%給与が違うとすれば、フツーの人の年収は400万円ということになり、その格差たるや倍ということになります

|

« やっぱり3歳馬か...@凱旋門賞 | Main | 何かと噂のある海外での臓器移植手術も禁止に... »

Comments

まーあれっすよ。
高度経済成長をもう一回やれば皆幸せなんよ。
・・・無理だけど(ぉ


結局、公務員だ年金だ赤字だ、全部の根本は「金が無い」って事で。
税収を将来ずっと高いレベルで保つには、税率アップじゃなくて所得を増やすしかない、それには経済成長と共に金の適正な配分つぅ事で。
この根っこの部分をどーすんの、て話しに解決策見出せないと、何も解決しないんじゃないですか?
ってまぁ、それが一番難しい事なワケだけれども(滝汗

Posted by: 滑稽本 | October 02, 2006 10:23 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 官民の給与格差は20%じゃ済まない:

» 8割以上の富を、60代以上が独占する国(>_ [マキトの若者応援blog]
第一生命経済研究所の試算によると、日本人の個人金融資産およそ1500兆円のうち、 6割を、60歳以上が保有しています。 若い世代ほど、保有率が下がっていて、30代で6.6%、20代では、わずか1.5%です!( ̄□ ̄;) 不動産を含めれば、この差はいっそう拡大します。 さらに今後、団塊世代の退職金受け取りによって、85%のお金を、60歳以上で占めるようになると推計されています。 ... [Read More]

Tracked on October 02, 2006 08:21 PM

« やっぱり3歳馬か...@凱旋門賞 | Main | 何かと噂のある海外での臓器移植手術も禁止に... »