« 母さんがいないというのは大変なことです | Main | 今の教育現場にはショック療法が必要 »

October 22, 2006

外交問題の核心はなかなか明らかにはできない

今朝各局で北朝鮮問題をやっていた、こういう外交問題は正直テレビで真実を話すのは難しい、結局後からあのときちゃんとやっていたんだなと思うしかない、今回の焦点は唐家センさんが米露朝と回って何をまとめてきたかということ、それをフォローするようにライスさんが日韓中露と回り、六カ国協議に参加する五カ国が何を合意したのかということです

でもそのことを公にしたらヤバイことがたくさんあります、外交問題の核心はなかなか明らかにはできないんですね、それは仕方がないのですが、もっと我々国民を安心させて欲しいですね、核論議にしてもいつでも核兵器を持てる準備をしなくてはいけません、でも石破さんが言っていたように基本は何故持たないかをきちんと表明することでしょう

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 母さんがいないというのは大変なことです | Main | 今の教育現場にはショック療法が必要 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外交問題の核心はなかなか明らかにはできない:

« 母さんがいないというのは大変なことです | Main | 今の教育現場にはショック療法が必要 »