« オトコ70年オンナ80年 | Main | 石原の爺様・夜の摘発はテキトーでお願いします »

September 23, 2006

白血病の骨髄ドナーはボランティアでは続かない

骨髄ドナー、辞退相次ぐ 「適合」後に負担痛感とのこと、骨髄提供には3~5日程度の入院が必要とサラッと書いてありますが、内視鏡手術の日帰り入院でOKという病気もありますから、コレって結構な大手術なんじゃないですか?過去に提供者が手術中に死亡した例もあるとか...

骨髄移植推進財団もそのあたりの事情をつまびらかにする必要があります、また臓器移植OKと書くと早めに脳死の診断をされてしまうという悪い冗談もききます、そして3~5日程度の入院が必要ちゅうことは、倍の6~10日くらいは仕事を休まなくてはイケマセン、そうなると下世話な話しですが最低20万円くらいの金銭的な補償も必要でしょう

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ハイ財団はこれが決してボランティアでは続かないということを知るべきです、金持ちには全額自費負担をお願いし、貧乏人には公的な援助をすればいいでしょう、まあ夏目雅子さん本田美奈子さんは助かって欲しいと思いましたし、ホセ・カレーラスさんの歌声が聴けるのも骨髄移植のお陰とは知っています

でも正直に言えば献血程度の負担で済むならともかく、ボクは友人知人親族と彼らのような自分が才能を感じた人以外は、自分の身体にメスを入れてまで助けようとは思わないですね、衆議院議員の河野太郎さんが生体肝移植をされたのも相手がお父さんの河野洋平さんだからです、これが正直な気持ちです

|

« オトコ70年オンナ80年 | Main | 石原の爺様・夜の摘発はテキトーでお願いします »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 白血病の骨髄ドナーはボランティアでは続かない:

« オトコ70年オンナ80年 | Main | 石原の爺様・夜の摘発はテキトーでお願いします »