« 東京競馬場にLEDの巨大スクリーンが登場 | Main | オルレアンの少女^^ジャンヌダルク »

September 12, 2006

両方にメリットがなければM&Aは成立しない

今ガイアの夜明けで王子製紙の北越製紙買収問題をやっています、いろいろゴチャゴチャやっていましたが番組には珍しく^^何か視点がずれているような気がしました、一言で言えば王子にとって必要な買収ではあっても、北越にとっては迷惑なダケの買収だったと言えるのでしょう、片方にしかメリットがなければM&Aはうまくいかないということだと思います、如何でしょうか?ましてや買収される方が規模的に小さければ、飲み込まれるつうことで尚更だと思います

王子が北越に人員整理はしないと提案していたようですが、王子か北越のどちらかで人員の整理をしない限り基本買収のメリットはありません、ま王子側を人員整理すれば済むはなしなのかもしれませんが....さて三菱商事と日本製紙の資本が入ったことで北越製紙は傷つきました、もしかするとこのことが原因で数年後に経営がおかしくなり外国の製紙メーカーに買収されたりシテ、このことが北越の一番の懸念材料なのかもしれません

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
その後のテレ東WBSによると、北越製紙が日本製紙と業務提携だって...あ~あ早速北越に悪影響が出てきたよ厳しいねえ、TOBを仕掛けずもう少しゆっくりやればうまく行ったの鴨葱...

|

« 東京競馬場にLEDの巨大スクリーンが登場 | Main | オルレアンの少女^^ジャンヌダルク »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 両方にメリットがなければM&Aは成立しない:

» ガイアの夜明け:敵対的買収 [50代オヤジの独言]
独占取材「敵対的買収の裏側」と題して、北越製紙側の取材を主に番組がこしらえてある。新技術の新設備を持つ業界6位の北越に対して、業界1位の王子が目をつけたわけだが、社員や地域の猛反発を招き、かつ三菱商事へのかけこみも王子は予想できていなかったようだ。まあ言葉として... [Read More]

Tracked on September 12, 2006 10:30 PM

« 東京競馬場にLEDの巨大スクリーンが登場 | Main | オルレアンの少女^^ジャンヌダルク »