« 阪神終了なワケだが... | Main | 光が丘オールドタウン? »

September 17, 2006

本の読み方...

finalventさんが「若い頃ニーチェをよく読んだ時期があった」と書かれている、これについてフト思ったことを...音楽とか美術でもそうですが、こういうモノを読むときにはまず原文、それが難しければ日本語訳・現代語訳から直接入るのかなと思います、と言っても原文を読むことは滅多にないですw、基本他人の批評は自分で原文をこなしてからでないと惑わされる気がするんですよね

だから評論文というのは時間がある場合以外あまり読んだことがありません、ただある程度の時代背景、地政学的背景は知っておかないとマズイと思っているので、いつどこで書かれたモノかだけは認識するようにしています、まあこれがいい読み方どうかはワカラン、ていうか本を読むのに時間がかかるとか本を読むより駄文を書き散らす方が好きつうことの方が大きい鴨葱...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、まあ評論家の怪説に惑わされそれで作品に先入観を持ったらアカンつうことです、時代とか地政学的な背景を評論家から教えてもらうということは必要だし、音楽は良く聴き込む絵画は自分の心に印象を植え込む、そして本はよく読んだらそこで初めて専門家の意見をきくでエエと思います

|

« 阪神終了なワケだが... | Main | 光が丘オールドタウン? »

Comments

そんなん言うてたら何時まで経っても前に進めへんやん。
正しい原書を読んだとて、読み手が正しく理解するという事とは又別だし。
留保を付けつつ取り敢えず読んでみるというのが、良いと思いますよん。

Posted by: トリル | September 18, 2006 03:22 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本の読み方...:

« 阪神終了なワケだが... | Main | 光が丘オールドタウン? »