« 少女というのはときに残酷... | Main | 下北沢が再開発されるそうな »

September 07, 2006

大手銀行と金融庁という護送船団ご都合主義の賜物

特例高金利:議論持ち越しに 上限金利下げ幅縮小論も浮上とのこと、大手銀行各社はこれまで消費者金融に貸し付けることで超迅速^^な不良債権処理をしていました、事件が起こったから議論をしているのではなく、その仕組みが不要になったから事件を公にして議論をしているワケで、大手銀行と金融庁という護送船団のご都合主義の賜物です罠

今までの膿みを出すなら一挙に金利を20%以下に下げればいいのです、20%以上の高利で借りなければいけないのなら、事業者の数ヶ月の短期つなぎ融資はともかく、個人は自己破産させればいいでしょと言ってみるテスト、いずれにしても個人が高利貸しから借りるのは愚の骨頂です、そのことがわかっていなくてド壺に嵌る人が多いんですよね

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 少女というのはときに残酷... | Main | 下北沢が再開発されるそうな »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大手銀行と金融庁という護送船団ご都合主義の賜物:

» マナーをどうする¥ショップ? ちゃ〜んとチェック! [時代のウェブログ]
貸金業規制法改正案がすったもんだの大モメである。→★ 筆者は、これまで「日本人は貯め込むだけで使わない」という主旨の批判を何度かしてきた。ただし、そういう風潮を生んでいる元凶のひとつに預かり利息と貸し出し利子のアンバランスが挙げられる。 預貯金に付く利息は雀の涙なのに、借りた際の利子は馬鹿高い。これではハッキリいって借金するのは馬鹿。いざという時に備えて、いくらでも金を貯めて置きたくなって当然だ。 法的な金利上限は2つの法律によっ�... [Read More]

Tracked on September 08, 2006 01:25 AM

« 少女というのはときに残酷... | Main | 下北沢が再開発されるそうな »