« 再開発で誕生する商業施設の役割とは? | Main | 真夏の夜のお銀座^^ウォーターシャワー »

August 03, 2006

国内王者王子製紙の危機感

王子紙社長:TOB、友好的な段階を過ぎていると言えるとのこと、この敵対的な買収の行方はどうなりますか...このM&Aはグローバル市場の競争で苦闘する国内王者王子製紙の危機感から生まれたものですが、過去の経緯がヨウわからんのですがチト相手の北越製紙に対する配慮が欠けているかと思います、ハイ王子製紙は傷ついていても北越製紙は元気なワケで、王子製紙が北越製紙を単なる工場とみると問題が出そうです

ただ北越製紙が独立独歩でやって行くなら問題はないが、三菱商事経由で三菱製紙と統合するようなら論外でしょう、で大王製紙が独禁法違反で訴えていますが、これもグローバルな視点と個別部門のミクロな視点のバランスが欠かせません、以上あっしのメモ書きでゴザイマシタ<(__)>

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 再開発で誕生する商業施設の役割とは? | Main | 真夏の夜のお銀座^^ウォーターシャワー »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国内王者王子製紙の危機感:

» 王子製紙TOBの行方は? [Star Prince JUGEM]
日本製紙が王子製紙に対抗して北越製紙を8%買うという行動に出ました。 王子製紙は野村がアドバイザーですが今後は行方はいかに。王子の工場は愛知県にもありよく野球部が社会人野球愛知県代表になることもあり気になります。北海道経済への影響も大でしょう。... [Read More]

Tracked on August 03, 2006 07:52 PM

« 再開発で誕生する商業施設の役割とは? | Main | 真夏の夜のお銀座^^ウォーターシャワー »