« マグノリア(もくれんの花)とゴルフの関係 | Main | 生身のオンナを忌避するオトコたち »

August 15, 2006

引退間近の頑迷な老人が早朝に靖国参拝

首相靖国参拝:小泉首相、靖国神社に参拝とのこと、大方の予想通り小泉さんが参拝した、そして参拝するなら混乱を避けるためと日中は行事で埋まっているので、早朝だろうと思ったら案の定である、彼に若者^^の特権...寝坊という危惧は無用だったようだ、ソウ小泉さんはただの頑迷な老人に成り下がってしまったワケだ、愛読紙日刊ゲンダイによると5年前の公約は組織票のなかった小泉さんの必死の策でそれなりに理由があるらしいが、今回の参拝は一応功成り名を遂げた立場(←イロンアリ)にあっては我が儘の一言だろう、さてこれに中韓が無視するという大人の態度に出れるかどうかチト興味深いトコである

引退間近の頑迷な老人の早朝靖国参拝生映像(01:04)

無視されることが目立ちたがり屋の小泉さんにとって痛手であろう、1回海外の会議の折に胡錦濤さんと会談したことがあったと思うが、靖国参拝についてどういう話しをしたのだろうか、そのときに過去の参拝についても説明し、私は戦争で死んでいった英霊たちの御霊を安らかにするために参拝するのであって、敗戦に導いた指導者には手を合わせませんときちんと言っているのであろうか、もし言っているのであれば中国側の責任でもあるが、このことを会談後の記者会見で明らかにしていない以上、今回の参拝は老いさらばえた1人の老人の明らかな愚行と言える

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、この靖国参拝 "生" 映像をみるとマスコミも明らかにグルだなとわかります、て言うか彼らは無能ですよね、ラジオのような実況中継をしてドウスルのって感じます、戦前の大本営発表と何ら変わらん、これじゃ中韓に文句を言えません、しかし後継者と言われる安倍さんには明らかに一国の指導者たるインテリジェンスがない、イスラエルもラビンさんとかちゃんとモノを言える人は狂信的な身内に殺されてしまう、日本ていうか世界はどうなるんでしょうね

《追記2》
コメントありがとうございます、江沢民さんの本は全部読んでませんがそういうことが書いてあることは知ってますよ、で江沢民さんのような頑迷な老人にはなって欲しくなかったと言っているワケです、まあわかっていただけないでしょうが...

いずれにしても、頑迷な年寄りどもが引き起こした戦争に大志のある若者が巻き込まれ、ある者は絶命し、またある者は心か身体に深い傷を負って二度と立ち上がれなくなる、それが戦争の実態じゃないですか?佐衛門 さんは犬死した100万を超える人にどう話しをするのですか?

|

« マグノリア(もくれんの花)とゴルフの関係 | Main | 生身のオンナを忌避するオトコたち »

Comments

むしろこれで靖国参拝を政治問題化させない,という狙いがあるのではないか,と思います.事実上総裁選は安倍氏で決まりだし,何といってもマスコミや,国民は既成事実に弱いですから.マスコミも実は参拝の時間をリークされていたのではないか.どこのテレビも完全生中継で,自民党側の狙いは明らかです.昭和天皇のメモの影響を,何としても払拭したいという魂胆がありありですよ.

Posted by: tantanmen | August 15, 2006 11:49 AM

このブログを書いてる奴こそ
頑迷な若者というのだろうね。

先日出された江沢民の著書を知っていてこのような馬鹿なことを書く気が知れない。
もっとも愛読紙が日刊現代だって公言してしまうのだから、
程度が知れているのだがね。

Posted by: 佐衛門 | August 15, 2006 02:32 PM

他の方々は知っているだろうが、
日韓ゲンダイには載ってないでしょうから、
貼っておいてあげるね。


「歴史問題、終始強調を」 江沢民氏が98年に演説
2006年08月11日21時03分
 中国の江沢民(チアン・ツォーミン)前国家主席が在任中の98年、「(日本に対する)歴史問題は終始強調し、永遠に語らなくてはならない」と語っていたことが、10日発売の「江沢民文選」で明らかになった。

 文選によると、江氏は同年8月に海外駐在大使を集めた会議で国際情勢について演説し、日本を「世界の大国で重要な隣国」と呼ぶ一方、「日本の軍国主義者は非常に残忍」と指摘。「戦後も日本の軍国主義はいまだ徹底的には清算されていない。日本には軍国主義思想で頭がいっぱいの者がいる」と批判した。

 また、この問題は「長く警鐘を鳴らす必要がある」とも述べ、対日外交で歴史問題を提起していく必要性を説いた。江氏はこの後の同年11月に訪日し、歴史問題を何度も取り上げた。

 3巻からなる「江沢民文選」は、江氏が提唱し、「指導思想」として憲法にも追加された政治思想「三つの代表」をはじめ、計203編が収められ、毛沢東選集などに続く「歴史的意義」があるものとして、中国当局は大々的に宣伝している。

Posted by: 佐衛門 | August 15, 2006 02:39 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 引退間近の頑迷な老人が早朝に靖国参拝:

» 小泉首相 「靖国参拝」の“公約”を強行した世論への挑発 [800字コラム【僕の伝言板 】]
”末期的現象”の行動とはいえ、終戦記念日の小泉純一郎首相の靖国神社参拝は余りにも惨めで、世論を挑発してでも意地を通したに過ぎず、その愚かな“公約”強行に行き場を失う思いがする。5年前の総裁選で明言した「8・15」参拝を、内外の反発を恐れて避けてきたにもかかわら... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 10:50 AM

» 小泉総理 ついに8月15日靖国参拝! [賃貸営業よもやまばなし]
小泉総理の8月15日靖国参拝 ついに今日、8月15日に靖国神社に参拝してしまいました。小泉総理の『意地』ですね。しかもモーニング(正装)で!以前も靖国参拝について触れましたが、小泉総理の『知覧特攻隊への想い』からの参拝の気持ちはわかります。けれどもA級戦犯者もと...... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 11:28 AM

» 夜明けは何時くるか [花崗岩のつぶやき]
少しずつ季節が動いている.そんな感じの空です.昨日の夕方もにわか雨が降り,どうやら東北地方はそろそろ猛暑ではなくなりつつあるような気がします.ニュースでは「小泉首相が靖国神社を参拝することになりました」と報道しています.「いつ行っても批判される.いつ行っ....... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 11:44 AM

» 78年合祀こそ政教分離違反 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
livedoorニュース:首相、「8・15」参拝果たす テレビなどの「行くなコール」にもめげず小泉首相は公約をやっと果たしたわけだが、これは政教分離問題とは全く関係ない。政教分離違反はむしろ靖国神社側にあるからだ。... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 07:34 PM

» 首相靖国参拝雑感 [Re:F's blogroom]
 朝、書いた通りだが、小泉首相が靖国神社に参拝したとの事。日程の都合とかもあって、早朝参拝となったのは、ある程度予測が付いたものかもしれない。また、参拝方法については、これまでと特に変わった事はなく「署名は官職... [Read More]

Tracked on August 15, 2006 10:27 PM

« マグノリア(もくれんの花)とゴルフの関係 | Main | 生身のオンナを忌避するオトコたち »