« 復帰が伸びそうな松井と日本語の上手なウィー | Main | YOUTUBEが消えてもYOUTUBEは残る »

August 14, 2006

東京の街を撮る

ケータイを動画が撮れるモノに替えて約1ヶ月、仕事の合間をみて休みにブラブラと都内のいろんな場所に出掛けて撮ってみました、既にYOUTUBEに121個のビデオをUPしていますが主なものを下記にまとめてみました、街は場所によって時間によっていろんな顔を見せます、もう一度見返すとアイデアが浮かぶと思います、しかし1個3分としても約6時間分あるワケですから随分撮ったモノですネ、チト呆れていますw

街の風景ですが例えば浅草と上野は似ているかなと思っていたら随分違います、浅草は寺町だし上野は緑が豊か...むしろ東京の南西に位置する下北沢の南口商店街と上野のABAB裏が似ているような気がする、裏原宿をバックにした表参道はお洒落だし、それに対して新宿のヨドバシ界隈と浅草の六区は、中央線沿線の吉祥寺とか荻窪・阿佐ヶ谷よりも場末のにおいがプンプンします、そしてこの中で江戸の情緒を一番残しているのが麻布十番と赤坂の一ツ木通りなのか...ト

東京の街↓を撮る

人気ランキングはどうなっているんだろう?

日本橋:日本橋コレド八重洲へ
浅草:仲見世伝法院通り六区
上野:アメヤ横丁ABAB裏上野公園
下北沢:南口商店街劇場通り
銀座:夜の銀座奥座敷
新宿1:ヨドバシカメラ界隈思い出横丁
新宿2:地下広場その1その2タイムズスクエア
新宿3:歌舞伎町その1その2その3ゴールデン街
六本木:芋洗坂十番からヒルズへ
麻布十番:大通り暗闇坂一の橋
赤坂:一ツ木通り
表参道:表参道ヒルズエチカのフードコート
原宿:裏原宿竹下通り
荻窪:ラーメン横丁南口商店街
阿佐ヶ谷:パール街成田東の住宅街
吉祥寺:ハーモニカ横丁

先日ボクが書評記事を書いた「ヤバいぜっ!デジタル日本」の中で、著者の高城剛さんのが東京は何でもある変化する町、日本には京都という古い町があるからそれでいいのだと書いていましたが、パリとかに行ってみると壮大な駅ビルの是非は別にして京都は町がだいぶ壊れています、まあ四条河原町から加茂川河畔の木屋町とか祇園の路地裏に入ると情緒を感じますけどネ、何か東京の方がむしろ残っている気がしないでもない、まあアメリカのたった200年余の歴史と比べれば江戸・東京も400年以上の歴史を既に刻んだワケです

東京の街・浅草隅田川に架かる吾妻橋

Sumidagawa

東京の街・浅草隅田川に架かる吾妻橋」(03:36)

アニメーションGIFにしたけど画像がベタっとしてますなあ、まあこういう風景は動画よりコッチの方がいい鴨葱...動画は街の動きを音声付で追うのに適しているようです、ヨウ使い分けだと思います、あとは街の人たちと如何に話し込むか、そうすると街をこれからどうすべきなのかが浮かび上がって来ると思われます、それは東京も地方も変わらないことだと考えます

Sumidagawa

|

« 復帰が伸びそうな松井と日本語の上手なウィー | Main | YOUTUBEが消えてもYOUTUBEは残る »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東京の街を撮る:

» 木造住宅 [花崗岩のつぶやき]
再び山田線の踏み切りを渡ると見えてくるのが,この瀟洒というか,ちょっとおしゃれな色合いの小さな木造住宅.ピンクと水色の組み合わせはなかなか珍しい.こういう色使いは商店では良く見かけますが,住宅ではなかなかありません.... [Read More]

Tracked on August 14, 2006 10:58 AM

« 復帰が伸びそうな松井と日本語の上手なウィー | Main | YOUTUBEが消えてもYOUTUBEは残る »