« 砂に消えた命-ダニエル・バラボワーヌ | Main | 16年夏季五輪はやるなら福岡だったが... »

August 30, 2006

日本のケータイが世界の孤児だと感じた瞬間

撮りためたケータイビデオの編集作業をしようとビデオ編集ソフトをインストールした、CDドライブの調子が悪くCDが2枚に分かれると2枚目を認識せず苦労したが何とか作業を終えた、でだ早速ケータイの映像ファイルを開こうとしたらこのファイルはサポートしてませんだとサ、ケータイビデオのファイルフォーマットじゃYOUTUBEのアップロードもできないので、結局フリーソフトでMOVなどの標準ファイルに変換せざるを得ない、コレってエライ手間がかかるんだよネ、日本のケータイが世界の孤児だと感じた瞬間でありました、まあブルーレイだとかHDDVDだとか不毛の争いもしておりますし、どうにかナランものかと...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 砂に消えた命-ダニエル・バラボワーヌ | Main | 16年夏季五輪はやるなら福岡だったが... »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本のケータイが世界の孤児だと感じた瞬間:

« 砂に消えた命-ダニエル・バラボワーヌ | Main | 16年夏季五輪はやるなら福岡だったが... »