« 元気な上野散策withケータイビデオ | Main | A級戦犯の本当の責任とは? »

August 01, 2006

無能な人がシャッポだと苦労するのはいつも国民

イスラエル:オルメルト首相、停戦拒否改めて表明とのこと、病気に倒れたシャロンさんは少なくともこの人よりは賢かったと言えそうです、無能な人がシャッポだと苦労するのはいつも国民です、このことは安倍さんを戴こう^^としている日本に限らないようですw、米国も今はイスラエルロビーが強いからああいう態度を示しますが、イザ戦争となったら真っ先に派遣されるのはアメリカの市民権が欲しいヒスパニックを主体とする不法移民たちです、彼らが直ぐにこういうイラク戦争より大儀がないモノに嫌気がさし、動かないのは目に見えています

第二次世界大戦前にナチスドイツを中心にヨーロッパでユダヤ排斥が起きましたが、もしかすると今度は反ユダヤがアメリカ国内から巻き起こるかもしれません、それだけ今アメリカはWASPとユダヤの国からスペイン語が母国語のヒスパニック主体の国に移行しているんじゃないでしょうか?共和党ブッシュ政権は保守派に頼り切らずそういう懸念を持たないと、11月の中間選挙に惨敗し完璧にレームダック化します、イスラエルもこの点を完全に見誤っているような気がしてなりません

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 元気な上野散策withケータイビデオ | Main | A級戦犯の本当の責任とは? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無能な人がシャッポだと苦労するのはいつも国民:

» イスラエルのレバノン空爆 どこまでやれば気が済むのか [800字コラム【僕の伝言板 】]
イスラエルによるレバノン空爆の拡大はなんと愚かで危険な作戦なんだろう。レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによるイスラエル軍兵士の拉致に対する報復のためとされるが、主要都市トリポリを含む全土に空爆が続く。既にレバノン側の死者は大多数の民間人を含め... [Read More]

Tracked on August 01, 2006 03:09 PM

« 元気な上野散策withケータイビデオ | Main | A級戦犯の本当の責任とは? »