« 夜の新宿・歌舞伎町の奥座敷とゴールデン街 | Main | 何故イスラエルが国連監視所を空爆したのか? »

July 27, 2006

アメリカが世界の孤児になる恐れ...

レバノン衝突、国際部隊派遣合意できず・緊急外相会議とのこと、アメリカのライス国務長官がヒズボラの即時武装解除で譲らなかったため、アラブ各国はもちろん欧州とも物別れに終わったらしい、う~ンアメリカはいったい何を考えているんだろ、いくら共和党政権に対するイスラエルロビーが強いと言ってもほどがあるんじゃないか、ヒズボラの武装解除が今の状況で本当にできると思っているならこんなにお目出度いことはない

イラン空爆なんて寝言を言っているのもこのせいか、てか穏健派の国務省でコレだから相当ヤバそうな気配、アメリカが世界の孤児になる恐れが出てきた鴨葱...日本にとっては民主党のゴアさんよりも共和党のブッシュさんの方がいいんだけれど、こと国際社会からみると6年前に僅差でゴアさんが負けたのは誤算だった、もしかすると大統領選でゴアさんが勝っていれば、あの悪夢の911も起きなかったかもしれないとフト思ってしまうのだが...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

|

« 夜の新宿・歌舞伎町の奥座敷とゴールデン街 | Main | 何故イスラエルが国連監視所を空爆したのか? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカが世界の孤児になる恐れ...:

« 夜の新宿・歌舞伎町の奥座敷とゴールデン街 | Main | 何故イスラエルが国連監視所を空爆したのか? »