« 日刊スポーツのW杯1分2敗パック | Main | 米国の対中国戦略としての北朝鮮 »

June 30, 2006

手塚治虫さんの貴重な映像

YOUTUBEに26年前の手塚治虫さん貴重な映像が投稿されていた、当時新人だった荒木飛呂彦さんとのツーショットだ、先日戸越銀座のブックオフで「鉄腕アトム」のDVDを発見し、後年カラーになっていますが最初は白黒放送だったことに正直衝撃を受けました、再放送でみた「エイトマン」が白黒だったのは覚えているのだが...しかしたけくまさんもYOUTUBEの投稿者も手塚さんを前に荒木さんを後に書かないとと駄目です、やっぱり長幼の順はしっかりつけないとイケマセン、それが礼儀であります、さて手塚治虫創作の秘密(15)という映像は下部にジッターが入っていますが貴重ですね

手塚治虫さんと荒木飛呂彦さん

人気ランキングはどうなっているんだろう?

 手塚治虫創作の秘密(15)

《追記》
今手塚治虫創作の秘密を見終わりました、この映像をみたことはありませんでしたが、あと40年100歳まで書き続けるとおっしゃっていましたが、Wikiをみると1989年2月に60歳で亡くなられている...うへ鬼籍に入られる直前の映像だったワケです

なんか「明暗」という作品の途中で絶筆し、49歳で亡くなった夏目漱石さんがダブリます、そして個人的な感想にすぎませんが、スランプ時に描かれたという「アラバスタ」という作品はエゴン・シーレさんとかピカソさんの「ゲルニカ」と重なるような気がします

アイデアは湧き出てくるほどある、でも絵が丸が描けなくなったという言葉が印象的でした、「アドルフに告ぐ」はヒトラーにユダヤの血が流れているという記事から発想し、スパイ・ゾルゲとの間に1人をかませたフィクションだとおしゃっていました、有料で構わないのでこうい映像をみたいですね、著作権などの問題をクリアして早くそういう風になって欲しいと願います

|

« 日刊スポーツのW杯1分2敗パック | Main | 米国の対中国戦略としての北朝鮮 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 手塚治虫さんの貴重な映像:

« 日刊スポーツのW杯1分2敗パック | Main | 米国の対中国戦略としての北朝鮮 »