« アルバイトが足りない?@テレ東WBS | Main | 韓国も敗退&アジア枠削減? »

June 24, 2006

パトリシア・カースの「Mademoiselle Chante Le Blues」

Patricia_kaasパトリシア・カースさんのデビュー曲「Mademoiselle Chante Le Blues (お嬢様がブルースを唄う)」ライヴ映像がYOUTUBEに投稿されました、いずれ削除されると思いますが聴いてみてください、左の写真はデビューアルバムのジャケットです、当時CDがあったのは日本(SONY)と西ドイツ(フィリップス)くらいでLPを六本木WAVEで買いました、ドイツ人の血が色濃く入っているようですが、彼女こそ8歳からバーで唄っていたという、古き良きシャンソンの伝統を引き継ぐスーパースターです

Patricia Kaas - Quand on a que l'amour
ジャック・ブレルさんの追悼公演からの映像です、カースさんがオーケストラとブレルさんの映像をバックに唄っています

人気ランキングはどうなっているんだろう?

彼女はデビュー当時エディット・ピアフさんの再来と言われていました、フランスでの人気は時代は違いますがピアフさんに比肩するつうか凄まじいときいています、真の後継者なんでしょう、ボクはデビュー直後に大久保にある東京グローブ座で行われた来日公演に行きました、当時23歳...1966年12月生まれといいますから今年40歳になるんですネ

「Mademoiselle Chante Le Blues」はブログへの貼り付けができないようですので、大西さんがファンだとおっしゃるジャック・ブレルさんの追悼公演の模様から、パトリア・カースさんが唄う「Quand on a que l'amour (愛し合うとき)」を貼っておきます、これはブレルさんの曲なんでしょうね

Patricia Kaas - Mademoiselle Chante Le Blues
Patricia Kaas - Quand on a que l'amour
Patricia Kaas - L'aigle noir
Patricia Kaas et Pascal Obispo - L'Aigle Noir
Patricia Kaas - Les Lignes de Nos Mains

|

« アルバイトが足りない?@テレ東WBS | Main | 韓国も敗退&アジア枠削減? »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パトリシア・カースの「Mademoiselle Chante Le Blues」:

» Aoife:The turning of the tide [花崗岩のつぶやき]
ターニング・オブ・ザ・タイドアイルランド出身のイーファ・二・アーリという女性歌手の本邦二作目となるアルバム.曲目がユニークで「カレドニア」,「ダニー・ボーイ」,「マギー」などのトラディショナルから,ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」,二ール・ヤングの「ア...... [Read More]

Tracked on June 28, 2006 08:04 PM

« アルバイトが足りない?@テレ東WBS | Main | 韓国も敗退&アジア枠削減? »