« ブロードバンドで米国の巻き返しが始まる | Main | ライブドア事件の補償は政府がしろ! »

May 22, 2006

凶悪犯罪の犯人を娑婆に出すな

秋田男児殺害:遺体や衣服に繊維片 運んだ際に付着かとのこと、最近こういう事件が多いように感じますが、こういう事件を起こす輩の存在率はいつの時代でもそう変わらんと思います、原因として大家族から核家族化への流れの中で、「五人組」といったような監視機構としてのコミュニティの消失、自殺者が3万人という暮らし難い世の中などが挙げられると思います、ま「五人組」などはない方がいいのかもしれませんが...

さて、関西で起こった姉妹殺人事件などをみると、過去に殺人事件とか性犯罪を犯した人間が、精神に病があり刑事責任を問えないとか、当時少年だったとかで娑婆に出てきて犯罪を起こすことが多いと感じています、特に殺人事件を起こした人間はたとえ刑事責任が問えなくても娑婆に出すべきではないと思います

《お詫び》
最近バタバタとしており言いたいことだけを言い、コメントへの返信&TB返しが滞っております、ご容赦ください<(__)>

人気ランキングはどうなっているんだろう?

以前オランダで女性を殺害してその肉を食べた人が、あるイベント会場で近くに座っている姿をみて慄然としました、精神鑑定で刑事責任を問えないということで娑婆に出てこれたようです、こういうことは止めて欲しいです、でも逆に精神病患者がすべて危険だと思われるのも、彼らの苦労を間近でみたことがあるだけに嫌なものです

ボクは心の病に苦しんでいる人と事件を起こした人とは厳然と区別すべきだと思っています、心の病に苦しんでいる人を周りでコソコソ言わずに是非ご支援いただきたいモノです、その意味で麻原の弁護人などが精神鑑定、精神鑑定と簡単に喚くと心の病に苦しんでいる人を愚弄するなと言いたくなります、こういう輩とはまったく別のハズです

|

« ブロードバンドで米国の巻き返しが始まる | Main | ライブドア事件の補償は政府がしろ! »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 凶悪犯罪の犯人を娑婆に出すな:

« ブロードバンドで米国の巻き返しが始まる | Main | ライブドア事件の補償は政府がしろ! »