« 坂本教授の正体とヨイトマケの唄 | Main | Septmber Second - Michel Petrucciani »

May 01, 2006

フジ産経は竹島が韓国領と言うのか...

昨日の朝のフジテレビの番組「報道2001」の中で、韓国の人が竹島は1905年以降の日韓併合の歴史の過程で日本の領土になったと発言していたが、これに対し産経新聞ソウル支局長をはじめ出演者は誰も異を唱えなかった、フジ産経は竹島が韓国領と言うのか...ボクは摩訶不思議な思いに囚われた、ソウル支局長は韓国戻ったら袋叩きに遭うとでも思ったのか、もし韓国の人が言うことが事実なら竹島は韓国領である、竹島が日本領という証しはそのことではなく19世紀以前の歴史にあるはずだ、この点を論ぜずして日本国民とか韓国民の感情をきかされてもまったく意味はない

領土問題に国民の感情は無関係であり、歴史の事実検証がすべてである、枝葉末節をとうとうと論じても時間の無駄と考える、竹島については島そのものにまったく価値はないので、二国間交渉で日本の領土と韓国に認めさせた上で、特例としてEEZ(排他的経済水域)の権利を韓国と共有するというのが最良の方策である、ソウ需要なのは韓国に彼らの歴史認識をあらためてもらうことだ、極論をすれば竹島の韓国実効支配が続いても問題はない(←ジツハモンダイアリ)、日韓はサッカーW杯を共催し日本は決勝戦の開催で実を獲ったという実績がある、なのでこの問題の解決も不可能ではないと考える、紛争で日本がこの水域を使えないという現状が最悪だと思う、如何だろうか?

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
お二方コメントありがとうございます、今後も常にモノを考えるようにしたいと思います、取り急ぎ...

《追記2》
しかしノム・ヒョンさんの腹心が竹島に乗り込んだとかいう話をきくと正直ムッとします、日本も海上自衛隊を引き連れて調査を行うなどもう少し強気に出ていいなどと思ってしまいます、でもそう出れないのが隣国との対話を断ち切っている小泉外交の弱さなんじゃないでしょうか、馬鹿だと思いますよ

|

« 坂本教授の正体とヨイトマケの唄 | Main | Septmber Second - Michel Petrucciani »

Comments

>領土問題に国民の感情は無関係であり、歴史の事実検証がすべてである、枝葉末節をとうとうと論じても時間の無駄と考える、

違うと思いますよ。領土問題は国民の感情の問題であり、歴史の事実検証は、たとえヤクザの言いがかり程度であろうが、どうにでも作成されるのが実態だと考えます。

半分眉唾の話ですが、竹島の実効支配に成功した韓国の次の標的は対馬だという説があります。もちろん歴史的検証を十分持ち出して論議してきますよ。韓国人だけが正しいという理屈であっても、国民的感情をバックに、無理が通れば道理は引っ込むをまた仕掛けてくると思います。

そうですね、それをやりだすのは次期政権が末期になって、政権支持率が低迷しているときですね。最近北朝鮮の瀬戸際外交と、同じような発想を韓国はしていると思うようになってきました。

Posted by: Yosyan | May 01, 2006 06:23 PM

えーと、道理は引っ込みません。
実効支配しても国際的に「領土」とは認められないのです。
だから韓国も一生懸命ロビー活動してるんです。

もちろん国民感情など全く関係ありません。

Posted by: 通りすがり | May 01, 2006 07:44 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フジ産経は竹島が韓国領と言うのか...:

» 麻生さん、意外にやり手かもね [滑稽本]
韓国大統領の談話は誤り 竹島問題で麻生外相  麻生太郎外相は28日午前の衆院外務委員会で、盧武鉉韓国大統領の竹島(韓国名・独島)問題をめぐる先の特別談話について「基本的には竹島の話は領有権の話で、歴史の話ではない。領有権の主張を歴史問題と絡めて言うのは、誤り... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 03:39 PM

» 竹島分割統治案 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
livedoor ニュース:[盧武鉉大統領]「竹島」挑発に断固対応 テレビで特別談話 竹島をよく見よう。東島(女島)と西島(男島)の二つの岩礁でできている。一つを韓国領に、一つを日本領にして山分けすればこんな問題一気に解決する。... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 03:53 PM

« 坂本教授の正体とヨイトマケの唄 | Main | Septmber Second - Michel Petrucciani »