« ユダの福音書の意味 | Main | 名も無き個人投資家を守れ!(ライブドア騒動) »

May 02, 2006

三島由紀夫最後の演説

ウワ、こないなモンをみつけてしもうた...「三島由紀夫最後の演説」です、こんなことを言っていたのか...初めてちゃんとききますた、う~ン自衛隊員に相手にされてないなあ...昭和45年11月25日と言いますから西暦で1970年ですか、つうことは東京オリンピックの6年後、大阪で万博が開催され月の石が公開された年かな、もう今から35年半も前の自衛隊市ヶ谷駐屯地での出来事です、この時45歳と言いますから、今生きていればナベツネさんとほぼ同い年の80歳ですね、で最後に黒蜥蜴・美輪明宏さんが映っています、しかしYOUTUBE...あらためて凄い!

三島由紀夫最後の演説@自衛隊市ヶ谷駐屯地

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、美輪さんは最近の映像だったし、アナウンサーのナレーションも新しいモノのようでした、でもこういうモノがみれるのは素直に凄いなあと思いますワ、ワザワザ英語で登録しなくてもいいようです、ハイ日本語でOKです、当然検索もできます

|

« ユダの福音書の意味 | Main | 名も無き個人投資家を守れ!(ライブドア騒動) »

Comments

これ、NHK教育だね。去年か一昨年見たよ。

Posted by: 佐藤秀 | May 02, 2006 10:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 三島由紀夫最後の演説:

» 行定勲監督:次の三島作品「美しい星」撮りたい [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
三島由紀夫映画祭2006の2日のトークショーにゲスト出演された映画「春の雪」を監督した行定勲監督は、次に映画化したい三島作品を問われ、「美しい星」と答えられた。 [Read More]

Tracked on May 03, 2006 10:52 AM

« ユダの福音書の意味 | Main | 名も無き個人投資家を守れ!(ライブドア騒動) »