« あなたの前で女でありたい(曼珠沙華-山口百恵) | Main | 結局大した罪になりそうもないホリエモン »

May 28, 2006

黒字亡国と自説をご開陳するだけの榊原さん

今朝フジテレビで「黒字亡国-対米黒字が日本経済を殺す」という本をネタに、谷垣財務相、榊原さん、中国の女性(←<(__)>)、そしてこの本の著者・三國陽夫さんの4人が出て対談をしていました、この本の内容を極簡単に言うと日本は大きな貿易黒字で米国は逆に赤字、そしてこの黒字はドルで払われるが、日本に還流すると円高になるので企業はまんま米国で運用して誤魔化して^^いるつう話しです

せっかく稼いだカネが日本に戻って来ないというワケです、これを支えているのが日米の大きな金利差で、アメリカにカネが流入しどんどん裕福になり日本は貧乏になるダケという理屈です、いくつか論理に矛盾があるようで、著者がこういうテレビ番組に慣れていないせいもあり、谷垣さんと榊原さんに論破されていました

人気ランキングはどうなっているんだろう?

政府批判の書ですから谷垣さんが矛盾を突くのはワカルのですが、榊原さんまで調子に乗って矛盾を突き、とうとうと自説をご開陳するのは如何なものかと思います、ボクはこの本の訴える「黒字亡国」の仕組みを理解するのは、論理の一部に矛盾があってもかなり重要だと考えています、この仕組みで大手銀行が不良債権を一掃したわけです

基軸通貨、資源、先端技術(開発&生産)...これらのバランスの理解が現代の経済と財政の最重要課題です、日本は先端技術しか持っていません、今回の榊原さんの役目はこの仕組みを分かり易いように視聴者に解説し、その解決策を示すことだったのではないでしょうか、まいずれにしてもフジテレビ...高名な専門家を招くのはいいのですがこの様はイケマセン、結局視聴者には何が何だかサッパリわからずじまいだったと思います

|

« あなたの前で女でありたい(曼珠沙華-山口百恵) | Main | 結局大した罪になりそうもないホリエモン »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黒字亡国と自説をご開陳するだけの榊原さん:

« あなたの前で女でありたい(曼珠沙華-山口百恵) | Main | 結局大した罪になりそうもないホリエモン »