« ルービン回顧録とフラット化する世界 | Main | 紙の新聞はそのうちなくなりますって »

May 31, 2006

日韓W杯で高原がいたら...(ゴール映像^^付)

日本、高原2得点もドイツと2-2ドロー-終盤にセットプレーから2失点とのこと、今朝寝坊して生で観れませんでしたが先ほどチェックしました、行者様が確変とおっしゃっていたけど1点目は俊輔の力だと思う、でも2点目のDF2人抜きは凄いね、相手が勝手知ったるドイツ選手とはいえあのゴールは日本人FWではなかなかみれません、彼がドイツにレギュラーで残れている理由がわかるような気がします、日韓W杯で高原がいたらと思いますネ

高原2ゴール@日本vsドイツ(2006.05.30)
高原の2ゴールを微に入り細に入り紹介し、その後彼のインタビューを流しています、コレなかなかヨイです

人気ランキングはどうなっているんだろう?

ボクは1-1で引き分けなら御の字と思っていたので、ドイツから2点も獲れて攻撃は満足です、でも守備は流れの中から失点を許さなかったことを評価しますが、どちらもフリーキックからですが1点目の足元に微妙に決められたボールは、イタリアのカテナチオでも失点を許すと思うけど、2点目のヘディングシュートを簡単に許したようにみえるのは納得がいきません、2点目を許さず2-1で逃げ切って欲しかったと思います、ところで加地は大丈夫なのかな、松井じゃ加地の替わりにはならんのか...

日本vsドイツ戦ハイライト(2006.05.30)
こちらはまだ観ていませんが、ドイツの2ゴール_| ̄|○も入っているハズです

《追記》
ところでW杯ツアー1500人分キャンセル…大混乱てなトラブルが...詐欺かどうかワカランが既に従業員の給与などに使われていて、直ぐには全額返金不能となると大問題だネ、こういう場合に企業が入る保険とかってあるんでしたっけ?

|

« ルービン回顧録とフラット化する世界 | Main | 紙の新聞はそのうちなくなりますって »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日韓W杯で高原がいたら...(ゴール映像^^付):

» 高原確変 [マーケティング千日回峰行之記]
よもや今のタイミングで、ドイツ相手に引き分けたがらといって、浮かれるわけではありませんが、ホッとしま [Read More]

Tracked on May 31, 2006 06:21 PM

» 日本代表ドイツ戦高原がゴール [Star Prince JUGEM]
いい攻撃を続けていた日本代表高原がぬけだし1対1から綺麗なシュート ゴールを決めた。前半は0−0でしたが後半に入り動きがでました。 前半加地が退場駒野と交代した日本。今のところ攻守ともうまくいっています。さらに高原素晴らしいゴールを決め2−0になりました。本番でもこのような戦いができるとよいのですが。 追記 しかしながらその後、後半30分をすぎあっという間にドイツに2点いれられ2−2となりました。やはり日本DFが課題です。大黒、玉田が投入されました。 中田の動きがよく中村がマークがきついのか... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 09:28 PM

» 日本vsドイツ [格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)]
親善試合で日本はドイツと戦いました! 結果は2−2のドロー。 前半は得点が入らず、後半になってから高原の2ゴールで勝ち越しますがドイツが意地を見せ2点を取り、引き分けに持ち込んだ。 得点力不足を露呈していた、日本が2点も取るなんて!! 失礼ですね。 しか....... [Read More]

Tracked on May 31, 2006 09:41 PM

» 日本×ドイツは引き分けも満足 [芸能&スポーツ瓦版]
日本代表がドイツW杯の練習試合を開催国のドイツと行って 日本がドイツに2対2で引き分けたが無い様に関しては満足だ 前半は両チーム点が入らず後半に日本の高原が2点を獲って ドイツのクローゼとシュバインタイガーに得点されドローだ ドイツを相手にドローだか....... [Read More]

Tracked on June 01, 2006 10:32 AM

» ユニフォームも強化しよう! [しっとう?岩田亜矢那]
前回準優勝国、しかも開催国にアウェーで引き分けた事で日本国中大騒ぎ。 「決勝トーナメントいける!」なんて見出しも見受けられるが、喜んで場合ではない。 代えの利かない加地が捻挫により途中退場、俊輔や高原・柳沢も負傷の為練習を休んでいる。 幸...... [Read More]

Tracked on June 01, 2006 12:57 PM

« ルービン回顧録とフラット化する世界 | Main | 紙の新聞はそのうちなくなりますって »