« 三島由紀夫最後の演説 | Main | 被災地ニューオリンズでJAZZライヴ »

May 02, 2006

名も無き個人投資家を守れ!(ライブドア騒動)

木村ゴーさんが「ライブドアの粉飾事件に関して、あまり認識されていないが極めて重要なことがある。それは、数千億円の時価総額を持っていた上場企業が「生体解剖」されたという重たい事実だ」と書かれている、このライブドアの世に稀に見る「生体解剖」で一番損害を蒙ったのは誰だろう、それは当然のことながら名も無き個人投資家だと思う、ボクならライブドアに損害賠償を求める以前に東京地検つうか国に損害賠償を求めたい気分だ、幸いなことにライブドアの株主ではないが、今回のライブドア騒動はそういうことすら考えた一連の動きだったと思う

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、ブログという短い文章で説明するのはなかなか難しいです、そこまで考えなくてもいいんじゃないかと思うのです、でもまあわからないこと多いです、誰が何を意図しているかも含めてですが...ボクは生体解剖という意見には賛成です、しかし日本人って熱しやすく冷めやすいんですね、これじゃお隣の韓国を批判できません

《追記2》
コメントありがとうございます、ライブドアだけじゃなくてココログもつうかどこのブログも不安定のようです、まあ新しいテクですから仕方ないとも言えるのですが、ドコもスパムTB&コメントの対処に苦しんでいるようです、防御しようとすればちゃんとしたTBを出したり受付ができない、まだまだ未熟のようでつ

《追記3》
通りすがり様コメントありがとうございます、誰かに既に言われているかもしれませんが少なくとも固定のハドルネームにしてください、尚返信らしきモノはココを読んでください

|

« 三島由紀夫最後の演説 | Main | 被災地ニューオリンズでJAZZライヴ »

Comments

木村さんは「生体解剖」をどういう意味で使っているか説明してないね。ナンバー1とナンバー2が認めるかどうかの本質的違いも説明してない。ここら辺が汚い。

Posted by: 佐藤秀 | May 02, 2006 01:58 PM

こんにちは、^^

昨日トラバしたんですが、反映されていないみたいですね…何だか最近、livedoorのトラバが上手く機能してくれない。

Posted by: そらっち | May 04, 2006 09:42 AM

追記、トラブありがとうございました!^^;

Posted by: そらっち | May 04, 2006 12:32 PM

老婆心ながら一言申し上げます。木村氏の意見に言及する時は、彼がどのような立ち位置に立ってそのコメントを書いているのか、ということは常に意識したほうがよいと思います。それをせずに彼の意見に賛成すると、文字通り木村の吹く笛に踊らされて木村の思うツボということにもなりかねません。木村はコンサルタントという職業柄、文中でしばしば自分と利害関係のある企業(コンサルタントの顧問先)や人物を「ヨイショ」します。今までもドンキホーテ、ライブドア、アイフル、UFJ銀行、竹中大臣等々を持ち上げてきました。そしてコンサル先であり、彼の経営する振興銀行の監査を担当している中央青山については、カネボウをはじめ、数々の企業の粉飾決算に係わっているにもかかわらず、執拗に擁護しています。
http://blog.business-i.jp/kimura/2005/09/post_25be.html
http://blog.business-i.jp/kimura/2005/10/post_4c0f.html
今回は金融庁の中央青山に対する処罰を少しでも軽くしようと言う意図をもって書いた文です。業務停止の処罰が下される直前に書かれた文です。ライブドアは単にダシに使われたに過ぎません。彼は文中で「当局による自浄作用ではなく、制度としての自浄作用をもっと機能させたほうがよいという判断になる。」「当局による厳罰によって監査現場や顧客である上場企業を萎縮(いしゅく)させるより、公認会計士協会や監査法人による自浄能力を高める方が望ましい。」と述べています。要は「公認会計士に対する当局のペナルティーをきつくするよりも会計士内部の自浄作用にまかせろ」という主張です。全く意味不明としか言いようがありません。会計士業界内部の自浄作用を高めることと、その自浄作用が働かなかった場合に会計士にペナルティーを与えることは、両立するものです。なぜ二者択一的な考え方にならなければならないのかわかりません。さらに唐突に中央青山の業務内容が出てきて「産業別に組織を再編して専門能力を高める」「監査意見を二重三重にチェック」「元警察のベテラン財務捜査官を招聘」「他の監査法人が追随できないような厳しい体制を整備した」などとその体勢を持ち上げまくっています。まったく意味不明の論理展開ですが、彼の立ち位置を理解すればその背景がわかるでしょう。

Posted by: とおりすがり | May 12, 2006 08:48 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 名も無き個人投資家を守れ!(ライブドア騒動):

» ライブドアマーケティング株主総会 [あんなこと、こんなこと。どんなこと?]
4月27日、ライブドアマーケティングの株主総会に出席した。 実は怠け者の私にとって、これが株主総会への始めての出席だった。 場所は白金の都ホテル、上場廃止最初の総会、これは大変、怒号渦巻き、フラッシュが光り、大混乱の長時間総会に違いない、絶対出席しなければ、....... [Read More]

Tracked on May 03, 2006 07:44 AM

» ライブドア [滑稽本]
マルセルさんは「名も無き個人投資家を守れ!」なんて言うけども…。 ライブドアの業績が「ア・ヤ・シ・イ」というのはファンダメンタルズは一切シカトの私でも知っている程に噂になっていた事。 つか、やり方からして実態が如何わしいというのはニュース見てりゃー分かる事。... [Read More]

Tracked on May 04, 2006 03:58 PM

« 三島由紀夫最後の演説 | Main | 被災地ニューオリンズでJAZZライヴ »