« 日刊ゲンダイと夕刊フジにもの申す! | Main | よくできたネット広告だが...(SONYのVAIO) »

April 29, 2006

アメリカの政治家の方が遥かに誠実(拉致問題)

横田早紀江さん、米大統領との面会に手応え「心一つに」と協力約束とのこと、きくところによるとアーミテージさんが随分尽力されたらしい、正直言ってこういう点は日本の政治家よりもアメリカの政治家の方が遥かに誠実です、日本の政治家の中ではだいぶ少なくなったとはいえまだ利権の恩恵を忘れれない輩が多く、そのことを有権者に知られると選挙で落ちるから言えないダケという寂しい話しがあり、彼の国がいまだに強気なのはそのことを知っているからという話しもきく

そして彼らはめぐみさんダケを戻してそれでお開きにしたいつう腹らしい、ソウ他の人たちは生きている人もいるのに死んだということにされるワケです、そんなことは止めにして欲しいですね、いずれにしてもこの話しの肝は中国政府です、日中政府の関係がこの様では解決は困難です、この問題に比べると靖国なんつうのはずっと小さい問題のハズ、しばらく棚上げにしてもいいと思いますがネ...横田さんもご夫婦で行かれなかったしもう残された時間は少ない、今度は滋さんが胡錦濤さんに会うということにならないのでしょうか...

人気ランキングはどうなっているんだろう?

《追記》
コメントありがとうございます、アメリカの方が誠実だと思います、でも下記のビデオをみると拉致ということよりも北朝鮮という国がいかに異様な国なのかに焦点を当てているようにみえます

《追記2》
ホワイトハウスのホームページとか会見のビデオをみると、拉致問題よりも北朝鮮からの脱北者の方に焦点を当てているように感じます、事実ビデオではブッシュ大統領が脱北者のお子さんと一緒の映像が延々と続き、横田さん親子にカメラは一瞬とて向けられません、チト残念でありました、尚このラジオ演説をきくと「ウルトラダラー」の手嶋さんも言っていましたが、アメリカ政府の動向がある程度ワカルと思います、ここからバックナンバーもきけますしPodcastもできます、1回3~4分ですけどネ

《追記3》
コメントありがとうございます、まあいろんな思惑があるワケでそこまで考える必要は今のところないと思います

|

« 日刊ゲンダイと夕刊フジにもの申す! | Main | よくできたネット広告だが...(SONYのVAIO) »

Comments

確かにアメリカの政治家のほうが埒問題に対して誠実に取り組んでいるように映りました。

Posted by: 「売れる商品・儲かる経営」を徹底解析:kou | April 30, 2006 01:43 AM

アメリカ議員を否定するわけではありませんが、買いかぶりすぎだとも思います。
この件に対して例えいくら素晴らしい発言をしても、アメリカの議員はその発言が政治活動の言質となることはないのです。
日本の議員は拉致問題に対しては、どのような発言も言質として扱われ、今後の行動に責任が生じます。
日本の議員だって他国の弱者に対しては素晴らしい発言をします。しかしそれは言質となることはありません。対策をとるのは各国の政府なのですから。
そう考えれば大統領や議員の発言は、今のところリップサービス以上のものではないと思います。
勿論北朝鮮を攻撃する材料としては有効に使うでしょうが。

Posted by: zap | May 01, 2006 12:56 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アメリカの政治家の方が遥かに誠実(拉致問題):

» 拉致問題 ブッシュ大統領が精一杯の理解と協力 [800字コラム【僕の伝言板 】]
ブッシュ米大統領が、拉致被害者・横田めぐみさんの母、早紀江さん(70)らをホワイトハウスに招いたことは、非常に貴重な協力姿勢を示すものになった。サービス精神と理解は、拉致被害者の家族を励ますと同時に、北朝鮮に対する大きな圧力となるだろう。 これより先に米議会で証言したこと事態が、米国の国際世論に訴える異例の処置だった。米政府は北朝鮮を「テロ支援国家」に認定し、拉致被害者の救援運動に深い理解を示してきた。早紀江さんは「口惜しく、悲しくてたまりません」とほおを紅潮させて語りかけ、感動を与えた。米政府が拉... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 08:14 AM

» 米軍事戦略に利用された横田夫妻 [佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン]
livedoor ニュース: ブッシュ米大統領、北朝鮮による拉致を非難=横田早紀江さんとの面会で 拉致被害者家族の横田早紀江さんらが米ブッシュ大統領と面会した。米政府が横田さん家族を丁重にもてなすのは2003年3月のイラク戦争開始直前以来だ。... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 09:45 AM

» 血も涙もない国 [ファイトクラブ!資格道]
さすがアメリカ!ブッシュ大統領はホワイトハウスで横田さんと面会し、北朝鮮という国 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 10:11 AM

» ブッシュ大統領が横田さんとの面会に応じたって!! [ちょっと一言]
 ブッシュ大統領が米下院の公聴会に出席して証言した横田早紀江さんと28日に30分 [Read More]

Tracked on April 30, 2006 02:59 PM

» 横田夫妻 [滑稽本]
横田さん拉致解決訴え、ブッシュ大統領が協力約束  【ワシントン=石間俊充】北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(当時13歳)の母親、早紀江さん(70)と、めぐみさんの弟、拓也さん(37)は28日午前11時(日本時間29日午前0時)すぎからブッシュ米大統領と... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 06:17 PM

» 拉致問題で米大統領と面会 [きまぐれ時事評論]
横田早紀江さん、米大統領との面会に手応え「心一つに」と協力約束 わざわざよその国の一問題のために面会まで応じるって、 なにか裏がありますよね。米国の問題ではないわけですか [Read More]

Tracked on April 30, 2006 07:26 PM

» ブッシュ大統領 横田さんと面会 [王様の耳はロバの耳]
米大統領、横田さんと面会 「拉致解決、働き掛け強めたい」 (産経新聞) - goo ニュース 産経の報道によれば29日未明(日本時間)横田めぐみさんの母、横田早紀江さんがブッシュ大統領と面談 大統領は「国の指導者が拉致を奨励するのは心がない」と北朝鮮の金正日総書記を批判。そのうえで、「(拉致問題解決への)働き掛けを強めたい」と述べた {/kaeru_fine/} 日本国そのものに拉致を否定され辻説法で「めぐみ」さんの奪還を訴えてこられた横田さ... [Read More]

Tracked on April 30, 2006 07:48 PM

« 日刊ゲンダイと夕刊フジにもの申す! | Main | よくできたネット広告だが...(SONYのVAIO) »